So-net無料ブログ作成

奥日光旅行記(4)<立木観音・東照宮> [関東6県の旅]

奥日光旅行記(4)

<立木観音・日光東照宮>

私たち夫婦は共に傘寿を過ぎ、残りの人生を指で数えるほどになって来た

振り返ると都道府県すべてに足跡を残したが、これからの旅は体力とも相談が必要

紅葉の季節に奥日光を旅行したい望みは有るが、東照宮は今回で打ち止めです

北海道美瑛、上高地、沖縄八重山などに、もう一度行きたいが果たしてどうなるか

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:6月6日>

<中禅寺湖>

立木観音に向かう途中、中禅寺湖畔に車を止め男体山、白根山を撮影

裾野から山頂にかけて新緑に覆われた男体山、雲がかかり始めた

81-111  .jpg

残雪が残る白根山

81-114  .jpg

<立木観音 >

正式寺名 日光山 輪王寺別院 中禅寺

延歴3年(784)、日光山の開祖「勝道上人」が、桂の木を立木のまま刻んだ

千手観音像(像高6m)を本尊とし、中禅寺を開いたのが始まりと言う

81-117  .jpg

立木観音堂(左)

本尊:十一面千手観音菩薩(立木観音) 宗派:天台宗

81-124  .jpg

81-131  .jpg

愛染堂

愛染明王像を安置、映画「愛染かつら」のロケ地になったことで知られている

81-134  .jpg

愛染かつらの木(2代目)

A81-137  .jpg

五大明王堂

不動明王を中心にして五大明王を安置している

81-144  .jpg

石灯篭の邪鬼

灯篭に邪鬼は珍しい、ユニークな顔をしている

A81-141  .jpg

五大明王堂から中禅寺湖

81-149  .jpg

<いろは坂>

昭和29年に開通したいろは坂、高校の修学旅行(昭和30年)で通行したが

当時は樹木の背が低く、下から登って来るバスの列が見渡せた

CIMG2815 (538x404).jpg

<日光東照宮>

荘厳で華麗な建造物が集まる日光東照宮、世界文化遺産に指定されている

妻は、落ち着いた佇まいの古寺古刹が好みで、東照宮に興味を示さない

私は彫刻を見て回るのが目的ですが、タクシーを待たせているので急いで巡回です

91-131  .jpg

陽明門

東照宮を代表する日本一美しい門、彫刻が素晴らしい

一日中見ていても見飽きないことから「日暮の門」とも呼ばれている

91-141  .jpg

91-143  .jpg

漆塗りの斗栱と唐獅子

91-151  .jpg

91-159  .jpg

廻廊(国宝)

陽明門の左右に有る建物、極彩色の花鳥が刻まれている

91-149  .jpg

唐門(国宝)

本殿には、徳川初代将軍家康を祀っている

91-179  .jpg

唐門の屋根の龍

唐破風屋根の瓦は、曲線を描き独特の形状をしている

91-181  .jpg

眠り猫(国宝)

日の光を浴びうたた寝をしている姿だと言う(左甚五郎作)

91-184  .jpg

三猿「見ざる・聞かざる・言わざる」

91-124  .jpg

三猿を含め8枚の彫刻に、猿の一生を通して人の生き方を教えている

91-121  .jpg

神 橋

日光の寺社の玄関口に位置する神橋、近くで見たことが無いので立ち寄ったが

欧米系の観光客は、日光駅から歩いて来る人が多い

91-111  .jpg

東武日光駅から特急電車で浅草駅へ、奥日光旅行記はこの記事で終章です

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(68)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

奥日光旅行記(3)<新緑の戦場ヶ原> [関東6県の旅]

奥日光旅行記(3)

<新緑の戦場ヶ原>

今回の奥日光旅行、明智平から華厳の滝、龍頭の滝、千手ヶ浜のクリンソウ

これらは前日のうちに見終え、旅行2日目の目的は戦場ヶ原のワタスゲでした

しかし見ごろには少し早く、しかも湿原は国道から離れ遠いので

それに代わってズミの花、そして戦場ヶ原と光徳牧場の新緑を満喫した

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:6月6日>

<戦場ヶ原>

十五年以上も前、龍頭の滝を出発し戦場ヶ原から湯ノ湖まで歩いたことがある

その時は、龍頭の滝から国道を歩き赤沼車庫から戦場ヶ原に入ったと思うが

ハッキリした事は思い出せない、戦場ヶ原の散策コースは前方の山の手前です

31-111  .jpg

国道沿いの木道

樹木が多く木道から戦場ヶ原が見えない、見つけたのはズミの花でした

31-114  .jpg

赤沼から戦場ヶ原

赤沼から戦場ヶ原に向かう林道、十五年以上前はこの道を歩いたようだ

タクシードライバーが赤沼で聞いたた情報では、ワタスゲはチラホラで断念する

41-131  .jpg

<光徳牧場>

戦場ヶ原のワタスゲを諦めた代わりに、光徳牧場へ行って見た

小学生の修学旅行、休日には家族連れが訪れると言うが、私たちは新緑です、

31-121  .jpg

牧草を食む牛

31-124  .jpg

牧場のズミの花

牧場の白い花、サクラのようみ見えるがズミの花です

31-127  .jpg

ズミ(酢実)の花

戦場ヶ原に多い花、別名は小梨、上高地の小梨平もこの花が地名の由来です

最初、サクラに似ていると思ったが、別名が小梨と知り認識を改めた

31-131  .jpg

31-134  .jpg

31-137  .jpg

光徳牧場の新緑・2点

41-120  .jpg

41-124  .jpg

おまけ(千手ヶ浜の新緑)

樹木はコナラと思うが?、鹿が樹皮を食べるのでネットを巻いてある

41-127  .jpg

<奥日光の新緑>

シラカバ、ナナカマド、モミジなど、秋に紅葉する樹木は新緑も美しい

新緑(シラカバ)

41-151 シラカバ  .jpg

新緑(ナナカマド)

41-154 ナナカマド  .jpg

新緑(モミジ)

41-157  モミジ    .jpg

新緑(ケショウヤナギ?)

41-161 ケショウヤナギイ  .jpg

<再び クリンソウ>

戦場ヶ原から中禅寺湖へ国道を走っていると、クリンソウが咲く場所がある

ドライバーさんに頼み少し寄り道をした(新緑の国道 車窓)

CIMG2743 (538x405).jpg

湧水の小川

小川の流れの周囲に咲く、僅か50株ほどのクリンソウ

前日、この道を往復した時に見つけていたので、見納めに立ち寄った

51-111  .jpg

奥日光に鹿は多いが、クリンソウの花は毒性があり食べないと言う

51-114  .jpg

51-121  .jpg

51-136  .jpg

クリンソウが主目的の今回の旅行、見納めができ納得でした

51-139  .jpg

次回は、奥日光旅行記(4)<立木観音・東照宮>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

奥日光旅行記(2)<千手ヶ浜クリンソウ> [関東6県の旅]

奥日光旅行記(2)

<千手ヶ浜クリンソウ>

今回の奥日光旅行、妻の希望で千手ヶ浜のクリンソウが一番の目的です

日帰り旅行も可能でしたが、おそらく二度はない機会、中禅寺湖畔のホテルを予約し

旅行1日目、2日目の何れか、好天気の日を選び千手が浜に向かう事にしたが

その条件が合ったのは旅行初日、初めて見たクリンソウに大満足でした

---------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月13日>

<低公害バス>

赤沼バス乗り場

龍頭の滝(前記事)を散策したあとは、シャトルバスの赤沼バス停へ

自然環境保全のため一般車両の乗り入れを禁止し、低公害バスを運航している

そのため輸送能力に限界が有ると覚悟していたが、観光客の多さに驚いた

21-111  .jpg

乗車を待つ長い列

この日は久しぶりの好天気、またテレビでクリンソウを紹介していたようで

バスの乗り場は長い行列、翌日にする選択肢も有ったが強行をした

21-114  .jpg

私たち二人が最後に乗ると、バスの車内は身動きできない超満員

次のバスまで待つと50分先、何とか乗れて運が良かった

21-117  .jpg

新緑の林道

赤沼バス停から千手ヶ浜まで約30分、最後に乗り込んだので最前列の立ち席

お陰さまで、ミズナラやカラマツの新緑を撮影することができた

小田代原の湿原でシャトルバスが交差、ハイキングも楽しめるコースです

21-121  .jpg

<クリンソウ(九輪草)>

森の中のクリンソウ

クリンソウはサクラソウ科の多年草、高温を嫌い半日影の湿地帯を好むので

千手ヶ浜の森の中が適している、5月末から6月末まで長く咲いている

22-111  .jpg

22-114  .jpg

22-117  .jpg

22-121  .jpg

水辺のクリンソウ

花の茎を中心にして、輪になった花が数段も重なって咲く姿が

仏閣の屋根に有る九輪に似ているのが由来と言う、通常は4~5段の輪ができる

23-111  .jpg

23-117  .jpg

24-111  .jpg

24-113  .jpg

24-114  .jpg

24-117  .jpg

24-121  .jpg

クリンソウに近づいて

花の色は、赤・白・ピンクの3種類が多いようです

26-114  .jpg

26-117  .jpg

26-121  .jpg

26-125  .jpg

千手ヶ浜

千手ヶ浜は、中禅寺湖から男体山を眺める絶好のロケーション、大きな景色です

妻が小川のせせらぎに手を入れ、水の冷たさを確かめている

27-119  .jpg

林道を歩きバス乗り場へ

27-131  .jpg

千手ヶ浜バス停

約1時間待ち次のバスに乗ったが、帰る人たちが増え続け行列が長くなる

ようやく着いたバスからも、千手ヶ浜に向う人たちが降りてきた(午後2時半)

27-132  .jpg

この日の宿は、中禅寺湖畔のホテル四季彩、和懐石料理が美味しいホテルでした

次回は、奥日光旅行記(3)<新緑の戦場ヶ原>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(84)  コメント(16) 
共通テーマ:旅行

奥日光旅行記(1)<名瀑めぐり> [関東6県の旅]

奥日光旅行記(1)

<名瀑めぐり>

千手が浜のクリンソウを見たいと妻にせがまれ、十数年ぶりに奥日光へ1泊旅行

奥日光には何度も行きながら、明智平から華厳の滝を展望したことが一度もない

そこで千手が浜に向う前に、華厳の滝・龍頭の滝の名瀑を巡る事にしたが

山岳高地の天気は午後になると不安定になる事が多いので、早朝に自宅を出発した

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:6月13日>

<東武日光駅>

JR新宿駅を7時30分に発車した特急日光1号、東武日光駅に9時半前に到着です

予約していた観光タクシーに乗車し、早速、明智平、中禅寺湖に向けて出発です

11-101  .jpg

<華厳の滝>

明智平展望台

タクシードライバーに聞くと、前日、前日の2日間は、濃霧が発生するなど

天候不良のためロープウエイの運行は中止になったが、この日は快晴です

11-111  .jpg

華厳の滝、中禅寺湖、そして背後の山並み、大きな景色です

11-114  .jpg

中禅寺湖畔でリッツカールトンが建設中でした(クレーンが見える)

11-117  .jpg

11-121  .jpg

男体山を入れて撮影

11-125  .jpg

華厳の滝 観瀑台

エレベータで100mほど下り、トンネルを抜けると観瀑台

前回の奥日光旅行では立ち寄っていないので、一体何年前なのか思い出せない

12-111  .jpg

修学旅行の小学生が順番に記念写真、わが家の子供3人も日光でした

12-114  .jpg

しぶきが飛んでくると思っていたが、それほどでも無かった

12-117  .jpg

無料展望台

観瀑台エレベータの建物の背後にある無料の展望台(駐車場から近い)

ドライバーさんに教えら見に行ったが、この場所は知らなかった

13-111  .jpg

この展望台からは、滝口が見える

13-114  .jpg

<龍頭の滝>

滝の上から

奥日光の三名瀑と言えば、華厳の滝、龍頭の滝、湯滝の三つ滝を言うが

私は、岩場を流れ落ちる渓流の滝「龍頭の滝」が最も好み、中禅寺湖が見える

タクシードライバーに橋の上で降ろしてもらい、滝つぼまで散策です

15-111  .jpg

滝の長さは210m、流れ落ちる音も良い

15-124  .jpg

15-131  .jpg

初めてこの滝を見た時は危険防止の柵もなかった

15-134  .jpg

散策路の新緑が目にまぶしい

15-217  .jpg

ヤマツツジと新緑のコラボレーション

15-224  .jpg

15-227  .jpg

滝つぼに落ちる二筋の流れ、その間の岩が龍の頭、龍頭の滝の由来です

15-231  .jpg

紅葉の時期は美しく、観光客が多い

15-234  .jpg

滝の茶店の前

15-237  .jpg

日光三名瀑、残る一つは湯滝ですが時間の都合でスルー

次回は、奥日光旅行記(2)<千手浜のクリンソウ>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(67)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

老人会旅行(2)<犬吠~銚子~佐原> [関東6県の旅]

老人会旅行(2)

<犬吠埼~銚子~佐原>

旅行2日目は、銚子電鉄の乗車体験とヤマサ醤油の工場見学、そして

海産物センターや道の駅での買い物、女性が多い老人会の旅行は買い物が必須です

参加した皆さんから、本当に楽しい旅行でしたと喜んで貰えお陰さまで合格点

そして、何よりものプレゼントは好天気、東京は翌日から梅雨入りでした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行2日目:6月6日>

<犬吠埼散歩>

犬吠埼は太平洋を望む景勝地、周辺は水郷筑波国定公園の一部になっている

ホテルでの朝食の後、出発までの時間を利用し犬吠埼灯台まで散歩をした

41-111  .jpg

犬吠埼ホテル

ホテルの部屋は全室オーシャンビュー、部屋の間取りも広い

41-114  .jpg

犬吠埼灯台

太平洋に突き出た半島に、明治7年(1874年)に初点灯した犬吠埼灯台

房総沖は海洋交通の難所、船舶の安全を護り、国の登録有形文化財に指定され

そして、世界灯台100選、日本灯台50選にも選ばれている

41-121  .jpg

灯台下の海岸へ

石段は70段ほど、朝からよい運動になった、海岸に自家用車が2台・次!

41-126  .jpg

海岸にて

釣りに来た人に聞くとアイナメが釣れると言う、私は海釣りの経験がない

41-129  .jpg

灯台を振り返る

41-132  .jpg

犬吠埼の花2点

花が少ない時期なのか、撮った花は二つですが・・その名は??

41-135  .jpg

41-141  .jpg

犬吠埼 西側の海岸

41-147  .jpg

<銚子電鉄犬吠駅>

この駅を利用するのは3回目、その当時は小さな駅舎で(15年ほど前)

その一隅でぬれ煎餅を焼いていたが、モダンな駅に変身していた

51-111  .jpg

駅の売店

皆さんは、前日にぬれ煎餅を購入スミ、それでも追加する人がいた

51-114  .jpg

駅のホーム

銚子行きの車両が入線、旅行会社の計画は犬吠埼までバスで往復するのみ

銚子電鉄の乗車体験を追加させたが、楽しみにしていた参加者が多く正解でした

51-126xxx  .jpg

ヤマサ醤油へ

犬吠駅から銚子駅まで僅か15分足らずの乗車でしたが、皆さんは車内で談笑

銚子駅に回送していたバスに乗車し、ヤマサ醤油の工場に向かう

61-111  .jpg

<ヤマサ醤油>

銚子工場正門

61-114  .jpg

工場見学センター

ヤマサ醤油の歴史や醤油の作り方などを映像で紹介(約20分)

61-121  .jpg

工場見学

大豆、小麦を貯蔵するサイロ、ヤマサ醤油の麹室、もろ味の仕込蔵などを見学

5月21日に小豆島のマルキン醤油を見学したが、それに比べて大きな工場

外見だけでは何を製造する工場なのか分かり難いが、見学で工程が少し理解できた

CIMG2511 (538x404).jpg

大きな木樽

大きな木樽を模したスペースの中で、もろ味から醤油になるまでの工程と

少し前に足を動かせば、足元に醤油の波紋が広がるバーチャル映像を楽しんだ

皆さんは、卓上醤油を頂き、醤油風味のソフトクリームを味わい、お土産を購入

61-117  .jpg

記念撮影

大きな木樽の前で記念撮影、会長はこちらと誘われ私は前列の中央です

何を勘違いしたのか他のクラブの4人が割り込み一緒に撮影、右端は添乗員です

61-131  .jpg

<食事と買い物>

ウオッセ21

海産物の買物、その後にお刺身膳の昼食

妻と店内を回ったが買いたい海産物はなく、新鮮な刺身にビールで乾杯をした

CIMG2517 (538x405).jpg

道の駅水の郷さわら

利根川に面した景観の良い道の駅、観光船の乗り場も有る大きな駅でした

妻は花と地元の野菜を購入、女性に喜ばれる道の駅です

71-111  .jpg

71-114  .jpg

いろいろメダカ

私はメダカを購入、旅行責任者の私はドライバーの後ろの席

休憩所で乗り降りする参加者たちの眼を楽しませた

71-125  .jpg

箱崎、新宿などが渋滞する前に首都高速を通過、予定より30分早く立川に帰着した

次回は、奥日光旅行記(1)<名瀑めぐり>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

老人会旅行(1)<成田~佐原~銚子> [関東6県の旅]

老人会旅行(1)

<成田~佐原~銚子>

立老連の地元支部に所属する老人クラブ6団体から、29名が参加した1泊旅行

前日まで愚図ついていた天気も回復し、旅行1日目は曇りのち晴れ、2日目は快晴

今回も好天気に恵まれた、旅行先は佐原あやめパークから銚子を経て犬吠埼へ

その前に成田山新勝寺に立ち寄ったが、老人クラブの旅行は寺社参拝が必要です

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行1日目:6月5日>

<首都高速新宿線>

外環道から東関東道を通り、成田・佐原・銚子へ向かう予定でいたが

外環道は渋滞のため首都高速・湾岸道路に変更、大した渋滞もなく順調に走行し

お台場など都心の景観を楽しみながら、少し遅れて成田に到着した

11-001  .jpg

<成田山新勝寺>

明治神宮に次いで初詣が多い新勝寺、毎年300万人を超えるという

寺号:成田山金剛王院新勝寺  宗派:真言宗智山派大本山  本尊:不動明王

11-111  .jpg

総門から仁王門

11-114  .jpg

仁王門

足の弱い人が多い老人会旅行、エレベータが設置され有り難い、私は階段です

11-117  .jpg

大本堂

参拝を終えると、内陣では間もなく護摩祈祷が行われるところ、皆さんと

堂内に上がり祈祷を拝観、平日の境内(午前11時過ぎ)はさすがに参拝者が少ない

11-121  .jpg

護摩祈祷を終えて

11-125  .jpg

4年前の初詣(2015.1.2)

大本堂の前は長い行列(総門から続いている)、上二つの写真と見比べてください

A01.02-4120E68890E794B055-2e0d3[1].jpg

<佐原あやめパーク>

前日、ハナショウブの開花状況を調べると4分咲き、バスの車内で皆さんに

400品種150万本の花が有るので、40万本ぐらいは咲いているでしょう、と

アバウトな説明をした、気温は28度ほど薄曇りで丁度良い

21-111  .jpg

おんな船頭

女性の船頭さんがこぐ舟に乗ったのは、旅行参加者の20人ほどでした

21-116  .jpg

舟で巡った人たち

皆さんは、口々に舟に乗り楽しかったと喜んでいた

私はカメラマン、ハナショウブの観察と皆さんの撮影、会長さんは辛いです

21-117  .jpg

園内を歩いた女性

妻も舟に乗らず仲間と歩いていた(右端)

21-119  .jpg

撮った写真の羅列です

21-121  .jpg

21-124  .jpg

21-127  .jpg

21-129  .jpg

21-131  .jpg

21-134  .jpg

15年ほど前の写真

当時は「佐原水生植物園」だったと思うが、今は「水郷佐原あやめパーク」です

前方の奥にポプラらしい木が並んでいるが、次の写真では見当たらない

074 (538x403).jpg

皆さんと記念撮影

男性一人が先にバスに戻り不在、私は左端、老人クラブは女性上位です

21-114  .jpg

潮来あやめまつり

時間の都合で「潮来あやめまつり」にするか、「佐原あやめパーク」が良いか

二つに一つの選択、潮来はバス車窓からの観賞にし、佐原を選んだが正解でした

21-001  .jpg

<銚子電鉄ぬれ煎餅>

旅行2日目は、銚子電鉄で犬吠埼駅から銚子駅へ、そしてヤマサ醤油の工場見学

しかし、旅行会社のプランには「ぬれ煎餅」の買物が抜け落ちていた

そこで、銚子電鉄の直売所での買い物を追加、建物の看板も「ぬれ煎餅駅」です

31-111  .jpg

31-114  .jpg

ぬれ煎餅いろいろ

31-119  .jpg

女性たちの買物

まさに飛ぶように売れる「ぬれ煎餅」、その勢いに驚きでした

31-117  .jpg

31-122  .jpg

犬吠埼ホテルにて(写真はネットから拝借)

太平洋が一望できる温泉に入り・宴会、 私は挨拶とカラオケを3

盛り上げるために「河内おとこ節」、ご当地の「大利根月夜」「船頭小唄」を歌った

c02fb8544d0e18f844e7d9226b36148c36b71521[1] (538x398).jpg

次回は、老人会旅行(2)<犬吠埼~銚子~佐原>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

京都 青もみじ(6)<洛北の寺巡り> [京阪神の旅]

京都 青もみじ(6)

<洛北の新緑>

JR東海の「そうだ京都行こう」、今年の初夏は「青もみじ」を宣伝しているが

今回の旅行で選んだ、洛北の新緑めぐりの中には、三千院、曼殊院、詩仙堂、そして

圓光寺が選ばれている、紅葉の名所は新緑の名所瑠璃光院には行けなかったが

更に赤山禅院も加えタクシーで巡回、好天気に恵まれ青もみじを満喫できた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:5月23日>

<曼殊院門跡>

青蓮院、三千院、妙法院、毘沙門堂と並び、天台五門跡の一つ

宗祖の最澄上人が、比叡に鎮護国家の道場として創建したのが始まりとされ

江戸時代に現在地に移転、寺名は彼岸花の曼殊沙華に由来すると言う

23-511  .jpg

枯山水庭園

書院から枯山水庭園を撮影、手前は亀島、その奥が鶴島です

三千院は仏教寺院ですが本堂はなく、本尊の阿弥陀如来は書院に安置されている

23-514  .jpg

鶴 島

樹齢約400年の五葉松を、鶴の姿に見立てている

曼殊院に訪れた目的は、見事な枯山水庭園と美しい新緑でした

23-518  .jpg

23-529  .jpg

亀 島

鶴島の躍動感に比べ、静かな佇まいを感じさせる亀島

左奥に蓬莱山、瀧石から流れ出た水が大海に流れ込む作庭だが、瀧石は見えにくい

CIMG2313 (538x404).jpg

小書院から枯山水庭園(1)

小書院には御座所が有り、曼殊院で最も見晴らしの良い場所です

23-526 xx .jpg

小書院から枯山水庭園(2)

縁側の欄干を通し庭園を眺めると、屋形船が大海に向かっているように見える

CIMG2316xxxxx (538x404).jpg

<詩仙堂>

江戸時代の初期、徳川家の家臣で有った石川丈山が隠居の為に造った山荘

現在は、曹洞宗の寺院で  寺号は、六六山 詩仙堂 丈山寺です

23-611  .jpg

山門・老梅関

部屋から眺める庭園が美しいので二人を案内したが、法要が行われ入室不可

庭の一部を見て退散したが、知らずに訪れた観光客はがっかりです

23-614  .jpg

ミヤコワスレ

23-618  .jpg

23-622  .jpg

<赤山禅院>

平安時代、慈覚大師円仁の遺命により創建された寺院、本尊の赤山大明神は

陰陽道の祖神である泰山府君を中国から勧請したとされ、京都御所の表旗門を守護

境内には、多様な社殿やお堂が有り、様々な信仰対象になり、神仏習合の寺です

23-714  .jpg

拝殿の神猿

拝殿の屋根に、鬼門除けの神猿が京都御所を見守っている・・が!

かつて夜な夜な悪さをしたため、逃げ出さないよう金網の中に入れられたと言う

23-717  .jpg

拝 殿

本尊は赤山大明神、柱の立板に皇城表鬼門と記されている

23-731  .jpg

拝殿の新緑

23-725  .jpg

正念誦

23-734  .jpg

福禄寿堂(都七福神の一つ)

23-744  .jpg

新緑の参道

紅葉の時期は赤山禅院と共に観光客が多い寺、この参道は紅葉のトンネルになる

CIMG2311 (538x404).jpg

<圓光寺>

洛北の新緑が美しい寺院を選び巡拝、最後に訪れたのは詩仙堂に近い圓光寺です

開基は徳川家康とされ、日本初期に活字本「伏見版」の印刷事業が行われた場所 

宗派:臨済宗南禅寺派  山号:瑞巌山圓光寺 本尊;千手観音

23-811  .jpg

枯山水庭園「奔龍庭」

白砂を雲に見たて、天空を自在に奔る龍を石組みで表現していると言う

23-817  .jpg

CIMG2343 (538x403).jpg

額縁の庭(十牛の庭)

本堂に座って眺める人たちがいたが、時間不足で外から撮影し省略です

23-821  .jpg

新緑の庭園

23-825  .jpg

栖龍池の新緑

23-829  .jpg

<新緑の並木>

地下鉄 国際会議場駅の路上の新緑並木、樹木はクスノキです

23-841  .jpg

小豆島観光の帰りに楽しんだ京都観光、青もみじが目的の1泊2日でしたが

撮った写真が多く6回の記事になりました、次回は老人クラブの旅行記です

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(68)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行