SSブログ

東村山を歩く<国宝千体地蔵堂> [東京を歩く]

東村山を歩く

<国宝千体地蔵堂>

北山公園の花菖蒲を観賞し(6月26日・30日公開)、西武東村山駅に戻る途中

鎌倉時代の中期に創建された正福寺に立ち寄った、東村山市内を通る鎌倉街道では

新田義貞と鎌倉幕府軍が対峙した久米川古戦場など、歴史の舞台が残っているが

正福寺も、幕府の執権北条氏が創建するなど鎌倉との関係が深い

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月20日>

<金剛山正福寺>

山門から地蔵堂

宗派:臨済宗建長寺派の禅宗寺院  創建:鎌倉時代中期

開基:北条時頼(鎌倉幕府5代執権)または北条時宗(8代執権)と言われている

51-111  .jpg

51-114  .jpg

正福寺石碑

51-127  .jpg

国宝千体地蔵堂

応永14年(1407年)に建立、都内では赤坂迎賓館と共に国宝に指定されている

北鎌倉円覚寺の舎利殿は鎌倉唯一の国宝建造物ですが、近くから見る事はできない

しかし正福寺の地蔵堂は周囲を一周しながら、真近かで拝観する事ができる

51-137  .jpg

本尊:延命地蔵菩薩立像

堂内には江戸時代に奉納された15~30センチの小地蔵(約900体)を安置している

一年に3回開帳しているので、拝観に行きたいと思っている

51-139  .jpg

奉納厄除け小地蔵

参拝者が奉納した小地蔵、この日の社務所は休日状態、奉納は開帳日でしょうか

51-144  .jpg

51-147  .jpg

正福寺本堂

本尊は千手千眼観音菩薩、参拝したが賽銭箱が見当たらない

51-161  .jpg

十三仏像

本堂に向かう参道に、不動明王、釈迦如来など十三体の石仏を安置

51-164  .jpg

薬師如来

51-171  .jpg

阿弥陀如来

51-174  .jpg

虚空蔵菩薩

私は丑年、妻は寅年、十二支の守り本尊は二人共に虚空蔵菩薩です

51-177  .jpg

貞和の板碑

51-181  .jpg

51-184  .jpg

馬頭観音

左隅に享保6年8月の文字(1723)、八代将軍徳川吉宗の時代です

51-194  .jpg

<大善院>

東村山駅から続く都道128号線から大善院へ、

民家に挟まれた細い参道歩くと、市道の先に大善院の山門が有る

61-111  .jpg

通称:東村山野口不動尊

61-114  .jpg

大善院山門

61-117  .jpg

大善院本堂

山号:恵日山大善院  宗派:天台宗  本尊:阿弥陀如来

61-121  .jpg

不動明王三十六童子

富士山の溶岩で高さ7メートルの山を築き、唐金製不動明王と三十六童子を安置

61-124  .jpg

61-127  .jpg

コロナ退散

東京・大阪・愛知・福岡など大都市での感染拡大に歯止めがかからない

夜の街などから市中の若者・中年世代に拡散したと思えるが、コロナ退散を祈るのみ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(66)  コメント(6) 

昭和記念公園(381)<水辺の花> [昭和記念公園]

昭和記念公園(381)

<水辺の植物>

昭和記念公園には、水鳥の池、こもれびの池、日本庭園の池、渓流広場、そして

こもれびの里の蓮池、トンボの湿地など、水辺の景色を楽しめる場所が多い

初夏は、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、スイレン、ハスの花が咲き

6月下旬にはハンゲショウ、ミソハギも咲き始めるが、夏を過ぎると寂しくなる

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

出し遅れの記事を続けています<撮影日:6月17日>

<花木園菖蒲田>

スイレンの池

花は閉じてしまったのか、咲いていた花の数が少なく写真は撮らずに通過

スイレンの池の奥は、花菖蒲が咲く菖蒲田です

31-111  .jpg

菖蒲田

今年の花菖蒲は数が少ない、見に来た時期が遅かったのか?

31-114  .jpg

花菖蒲を2点

31-117  .jpg

31-119  .jpg

菖蒲田と紫陽花

31-122  .jpg

<さざなみ広場>

日陰で休むカメラマン、親子ほど年が離れているが仲よく談笑

水鳥の池には足漕ぎボートが2艘、真夏を迎える前の長閑な眺めです

41-111  .jpg

古代蓮(水鳥の池)

大きな甕で咲かせたハス(蓮)を20点ほど展示

ハスの花の観賞は午前中、時間が遅かったのか(午後2時前)花の数が少ない

CIMG0800 (538x405).jpg

41-114  .jpg

錦慈蓮(きんじれん)

41-117  .jpg

名は不明(中国古代蓮)

41-122  .jpg

41-124  .jpg

CIMG0806 (538x404).jpg

<こもれびの池・里>

砂川口ゲートから入ると正面にこもれびの池

太陽は雲に隠れ景色は暗い、前回(6月3日)に比べ要所の雑草は取り除いていた

41-211  .jpg

里の田んぼ

代かきは終わり田植えを待つ水田、今年はコロナの影響で田植え体験は中止です

41-154  .jpg

里のハス池

この日(6月17日)は蕾が伸びだした段階、次回に行く頃は終わりでしょう

41-134  .jpg

在庫写真です(撮影日:2016.6.27)

CIMG0704 (538x405).jpg

<雑草も美しい>

ヒメジュオン

ハルジオンと間違いやすいが、花の形はひと回り小さい

41-221  .jpg

名は不詳

41-217  .jpg

名は不詳

ジャガイモの花に似ているが名は分からない

41-227  .jpg

水鳥の池

いつも定番撮影をしている1本ケヤキ、すっかり緑が濃くなっていた

41-314  .jpg

西立川口ゲート

この日の歩数は 13,350歩、今の私には限界でした

41-317  .jpg

東京の感染者数は再び増加し7月23日の感染数は最大の366人、感染経路不明者の多さも 気がかりだが、PCR検査能力(23日は5000件)が大幅に拡充したのが主な要因、感染者を探し出し治療させることは、高齢者の感染リスクが減少する事につながると思っている

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(65)  コメント(9) 

昭和記念公園(380)<紫陽花巡り> [昭和記念公園]

昭和記念公園(380)

<紫陽花巡り>

梅雨の季節を代表する花と言えば紫陽花すが、純白で手まり状をした大輪の

アナベルを多く見かけるようになった、酸性、アルカリ性の地質によって花の色が

水色、紅色になるものと思っていたが、北米原産の園芸品種アナベルは白一色で

育てやすく自宅の庭に植える人が多くなったという、昭和記念公園にも多い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

出し遅れの記事を続けています<撮影日:6月17日>

<紫陽花ロード>

水鳥の池のテラスから花木園の展示棟に続く道は、アジサイロードと呼ばれている

展示棟前から菖蒲田に降りた一帯には紫陽花が多く、また花菖蒲、睡蓮の花も咲き

イロハモミジの新緑、紅葉も美しいので、カメラマンが多く集まるエリアです

アジサイ・アナベル

31-124  .jpg

31-126  .jpg

この紫陽花は三色混合です

31-130  .jpg

31-132  .jpg

落ち着いた良い色です

31-136  .jpg

額紫陽花を・4点

CIMG0311 (538x404).jpg

31-134  .jpg

31-138  .jpg

花火という名の紫陽花に似ているようですが?

31-140  .jpg

31-147  .jpg

<花木園の紫陽花>

花木園からふれあい橋に向かう坂道、この辺りに紫陽花が集まり

その中でも、アナベルが特に多い

31-153  .jpg

31-156  .jpg

アナベルの集まり

31-158  .jpg

A11-144  .jpg

31-150  .jpg

カシワバアジサイ

昭和記念公園の中でカシワバアジサイはこの花のみ、ボート乗り場の近くにある

41-311  .jpg

<追 加>

スカシユリ

31-171  .jpg

31-175  .jpg

ハナイカダ(花筏)

41-239  .jpg

木陰のベンチ

この写真では分かり難いが木陰で休む人たちが多い(花木園売店の近く)

31-181  .jpg

次回は、昭和記念公園(381)<水辺の花>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(64)  コメント(8) 

昭和記念公園(379)<緑と花木> [昭和記念公園]

昭和記念公園(379)

<緑と花木>

チューリップ、ポピー、ネモフィラなど、陽春の花は臨時休園中に終わり

季節の移ろいは早く初夏、そして梅雨入りです、公園の花畑も出番を終え寂しいが

この日は、アジサイとタイサンボクの撮影が大きな目的で園内を周回

こもれびの丘、こどもの森は深緑に覆われ、日陰が嬉しい時期になっていた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月17日>

<こもれびの丘>

3月12日以来、久しぶりに歩いたこもれびの丘、3か月前に比べると

新緑の季節は過ぎ森の中は濃い緑に変化、自然には待ったがない

何時もは、丘の家の隣りでランチタイムにするが、こどもの森へ移動

21-111  .jpg

こもれびの森

ボランティアの人たちの集合は週1回、山野草の手入れはこれからでしょう

21-113  .jpg

こもれびの道

イカリソウ、フタリシズカなど初夏の山野草は終わり、ノアザミが咲いていた

21-115  .jpg

ホタルブクロ

21-117  .jpg

21-119  .jpg

21-121  .jpg

<こどもの森>

こどもの森を入るとナチュラルガーデン、遊具施設や木工体験などは奥にある

草花が美しいシーズンはすでに終わり、ジキタリスの花を見に立ち寄った

木道の左下がジキタリスですが、切り戻しをし2度目の見ごろを待つ状態です

21-123  .jpg

公園のHPから拝借(臨時休園中)

A13-111  .jpg

咲いていた花を2点

21-125  .jpg

21-127  .jpg

待ってたよ・子どもたち

こどもの森は緊急事態解除後も閉鎖していたが、この日から開園

21-131  .jpg

<園内の花木>

タイサンボク(泰山木>

純白で大輪の美しい花、咲き始めはとても香りがよい

タイサンボクの木が有る場所を承知しているので、その中の3か所を巡った

21-141  .jpg

21-144  .jpg

上の写真と同じ花ですが、陰が入るようにした

21-146  .jpg

21-150  .jpg

21-155  .jpg

シモツケ(下野)

こもれびの池の木橋の畔で撮影、花も終盤です

21-161  .jpg

21-162  .jpg

ビョウヤナギ(未央柳)

21-166  .jpg

21-168  .jpg

みんなの原っぱ

園路から1段高い石囲いの中にケヤキが2本、大きすぎて写真に納まらない

21-179  .jpg

原っぱの大けやき

原っぱ東側のタイサンボクを撮りに行く途中、木の下を歩いたが

さすがに大きく日陰は広い、これからの季節は入園者の休息の場になる

21-185  .jpg

次回は、昭和記念公園(380)<紫陽花巡り>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(56)  コメント(8) 

昭和記念公園(378)<こもれびの里> [昭和記念公園]

昭和記念公園(378)

<こもれびの里>

東京は例年より4日遅く6月11日に梅雨明けをした、緊急事態宣言が解除されれば

 カメラ散歩をする予定でいたが、天気の悪い日が続くと出鼻をくじかれる

この日は梅雨の晴れ間、地元老人クラブの定例会も4か月連続で中止を決定

会員への連絡書と月例会報を作成、役員に配布を指示し一人散歩に出発をした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月17日>

<古民家園>

3月28日から5月31日まで、新型コロナウイルスの影響で臨時休園

ボランティアの人たちも、2か月間入園できなかったが、皆さんの努力により

田植えの準備、畑の苗植え、雑草の除去作業などが順調に進んでいた

11-111  .jpg

古民家の母屋

11-213 .jpg

母屋の囲炉裏

暑い日も炭火を焚いている囲炉裏、里の風物詩のようになっている

11-215  .jpg

水車小屋と紫陽花

11-118  .jpg

里の畑から古民家

畑の作物はジャガイモ、カラスから落花生を守るためシート張り作業をしていた

11-120  .jpg

<里の紫陽花>

紫陽花の坂

里の管理棟に続く坂道には、ボランティアの人たちが季節の花が育てている

11-123  .jpg

管理棟と紫陽花

紫陽花の種類が多く見ごたえ十分、公園の紫陽花の中で好きな場所です

11-126  .jpg

アジサイ(紫陽花)

11-131  .jpg

11-136  .jpg

11-139  .jpg

11-142  .jpg

11-128  .jpg

ガクアジサイ(額紫陽花)

私は球形の紫陽花より、額紫陽花が好みです

11-161  .jpg

11-166  .jpg

CIMG0311 (538x404).jpg

11-169  .jpg

11-171  .jpg

11-179  .jpg

11-184  .jpg

古民家園 北の丘

久しぶりに古民家園の背後に行くと、真っ赤な花が咲く樹木が見えた

11-231  .jpg

ザクロ(柘榴)でしょうか

11-234  .jpg

11-237  .jpg

次回は、昭和記念公園(379)<新緑と花木>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(50)  コメント(6) 

都立薬用植物園<初夏の花> [地元にて]

都立薬用植物園

<初夏の花>

東京都立の公園、庭園、植物園は、新型コロナの緊急事態宣言中は休園

花好きな人たちには待ち遠しい辛抱生活でしたが、宣言が解除されようやく開園

いつもは玉川上水を歩き植物園へ、帰りはひと駅電車を利用したが、この日は

妻と往復約8kmのサイクリング、樹木の多い道を選んだので初夏の風が心地良い

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<出し遅れ記事:撮影6月7日>

<撮った写真の羅列です>

西武新宿線の東大和市駅から徒歩3分、薬用植物園は小平市にある

入園は無料で、薬用植物や四季の花を観賞できるので、楽しみに来る人が多い

この日、園内で会話した70歳後半の男性は、遠い昭島市から自転車で来たと言う

11-114  .jpg

池の花と樹木

前方に見えるガラス張りの建物は温室です

11-121  .jpg

11-127  .jpg

シダレカツラ(枝垂れ桂)

柳のように垂れ下がったカツラを見かけない、深大寺の境内にある

11-129  .jpg

ハナショウブ(花菖蒲)

11-131  .jpg

ハンゲショウ(半夏生)

葉の表面が白くなり始めていた、水辺の植物ですが我が家では庭で増えている

11-134  .jpg

トウカンゾウ

名が不明な花に説明パネルが付いているので助けになる

11-141  .jpg

ノリウツギ

11-144  .jpg

ジキタリス

11-147  .jpg

アリウムの一種

11-151  .jpg

キョウカノコ

11-157  .jpg

イチリンソウ

11-161  .jpg

キリンソウ

11-181  .jpg

アザミの一種

11-184  .jpg

エキナケア・パラドクサ

11-194  .jpg

エキナセア・パリダ

11-191  .jpg

園内(オレンジ花は次の写真です)

DSC01755 (538x404).jpg

シナカンソウ

21-129  .jpg

草星舎ガーデン

妻は、小型ヒマワリ、ニューギニアインパチェンス、ホオズキなどを買っていた

21-131  .jpg

セイロンニッケイ(温室)

若葉でしょうか、葉の色が美しいので撮影をした

31-124  .jpg

シクンシ(温室)

31-117  .jpg

カカオ(温室)

31-131  .jpg

次回は、昭和記念公園<こもれびの里>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(62)  コメント(8)