SSブログ
東京を歩く ブログトップ
前の10件 | -

花見さんぽ<国立大学通り> [東京を歩く]

花見さんぽ

老人クラブの総会準備、市への補助金申請、そして会長の引継ぎ事項など

3月末はやることがが多く、また昭和記念公園は閉園期間を再度延長したため

今年は花見に行く機会に恵まれない、翌日(28日)は天気が悪くなるので

この日しかないと国立の桜を見に行ったが、土曜休日のため予想通り人出が多い

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月27日>

<国立大学通り>

JR国立駅前

JR中央線、国分寺駅の次は立川駅、その間の谷保村に新駅を開業したさい

「国」と「立」の一字を入れて、国立駅(くにたち)にしたのが始まり(大正時代)

国立市の誕生は昭和48年、国立駅の開業に合わせ大学を誘致し学園都市になった

11-111  .jpg

三角屋根の駅舎

旧駅舎が復元され往時の面影を取り戻したが、建物内は休憩スペースとして利用

背後の新駅との間隔は約10m、将来の複々線化への備えでしょうか

11-117  .jpg

駅前ロータリー

チューリップ、ノースポール、ビオラなど花壇の花が美しい

11-124  .jpg

11-126  .jpg

大学通り北方向

正面は国立駅、車の中から花見なのか交通渋滞がひどい

11-134  .jpg

大学通り南方向

国立駅から南武線谷保駅まで約3km、染井吉野を植樹して約90年です

11-137  .jpg

一橋大学前

国立音楽大学と共に一橋大学(東京商科大学)が誘致され学園都市となった

この日は学生証などがないとキャンパスに入れない、ここのコロナの影響でしょう

11-141  .jpg

ソメイヨシノ(染井吉野)

今年の花は何故かピンク色が薄い、7分咲きほどだが色が白すぎる

11-144  .jpg

オオシマザクラ(大島桜)

大島桜は、白い花と同時に緑の若葉が顔を出す、私が好きな桜です

11-147  .jpg

向かい側の染井吉野

11-151  .jpg

太い枝を落としたサクラ

このサクラも樹齢90年?、倒木の恐れが高く切断、向かいの樹木はイチョウです

11-157  .jpg

横断歩道橋へ

段差のないループ橋、ベビーカーを押した若いお母さんも一緒です

11-164  .jpg

端の中央から国立駅方向

快晴ではなく残念、お母さんに向かってピースをする男の子がいた

11-167  .jpg

ズームアップ

11-171  .jpg

歩道橋では花を正面から撮れる

11-173  .jpg

歩道橋を見上げ撮影

11-179  .jpg

ナノハナ(菜の花)

21-141  .jpg

レンギョウ

21-151  .jpg

ヤマブキ(山吹)

21-155  .jpg

シャガ

21-159  .jpg

赤い木の葉(花ではない)

こぼれた種から目を出した枝先に赤い葉、名は不詳です

21-162  .jpg

国立駅北口

JR中央線が高架駅になり南北の往来が可能になったが、それ以前は不便な駅であった

31-111  .jpg

ランチタイム

駅前のコメダ珈琲店でランチ、注文したのはコーヒーとパスタでしたが撮り忘れ

31-117  .jpg

次回は、立川の繁華街<ぶらり歩き>を紹介します

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(70)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

深大寺参拝(コロナ退散> [東京を歩く]

深大寺参拝

<コロナ退散>

深大寺には、神代植物公園のバラとセットで行く事が多い、前回は2年前の4月末

今回は秋バラの観賞を兼ね2年半ぶりに訪れたが、もう一つの目的は深大寺そば

三鷹駅前から路線バスで午前11時過ぎに到着、先ずはコロナ退散を願い参拝し

門前そば店に入ったが、火曜日にも関わらず深大寺の境内、門前は観光客が多い

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:10月20日>

<古刹 深大寺>

武蔵野の森林と豊かな湧水に恵まれた深大寺、都内では浅草寺に次ぐ古刹です

天平5年(733年)に法相宗の寺院として創建されたが、平安時代に

元三大師像を奉安し天台宗に回収、3月初めに深大寺だるま市が行われる

11-111  .jpg

深大寺本堂

正式寺名:浮岳山 昌楽院 深大寺   寺格:別格本山 本尊:宝冠阿弥陀如来像

11-114  .jpg

11-119  .jpg

ムクロジ(無患子)の実

追い羽根の黒い玉に使われるが、今は追い羽根を知らない人がいるようです

11-121  .jpg

一隅を照らす

「一隅を照らす、これすなわち国宝なり」、天台宗の開祖「伝教大師最澄」の教え

11-123  .jpg

手水舎

11-125  .jpg

しだれかつら

ナンジャモンジャの花は知れれているが、シダレカツラの木も珍しい

11-128  .jpg

元三大師堂

延暦寺中興の祖「元三大師」を祀る堂、慈恵大師良源の名が持つが

厄除け元三大師の通称で親しまれている、深大寺は日本三大だるま市の一つです

11-131  .jpg

コロナ退散祈願

11-134  .jpg

大師堂前のもみじ

紅葉の記事はきれいに紅色に染まるが、まだ少し早いようです

11-139  .jpg

トクサ(木賊)

観賞用や活け花によく使われる植物、まっすぐ伸びた形が良い

11-141  .jpg

湧水の池

国分寺崖線の崖面に位置する深大寺、崖の下に複数の湧水源が有る

11-143  .jpg

湧水の流れ

11-147  .jpg11-149  .jpg

苔むした山門

本堂は慶応の大火後に再建されたが、山門は火災から免れ約300年の歴史が有る

苔に覆われた茅葺き屋根、表側と日当たりの違いが古寺らしい趣をなっている

11-151  .jpg

<深大寺門前>

深大寺の山門から振り返って撮影、11時過ぎで参拝者はまだ少ないが

約30分後には店内に入るのに行列、元祖嶋田屋(右)の予定でいたが

待ち時間を考え右の店に変更、深大寺に周辺には約30点のそば屋があると言う

11-157  .jpg

深大寺そば

深大寺の北の大地はそばの生産に適し、豊かな湧水が深大寺そばを有名にした

11-161  .jpg

11-164  .jpg

とろろそば

妻は天ざる、私はとろろ、そばの量は見かけよりも多く満腹になった

11-166  .jpg

深大寺ビール

11-169  .jpg

門前の店

時間が経つに従い観光客が増加、天気の良さも影響ありでしょうか?

11-174  .jpg

11-176  .jpg

神代植物公園へ

11-179  .jpg

次回は、神代植物公園(1)<園内さんぽ>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(66)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

東村山を歩く<国宝千体地蔵堂> [東京を歩く]

東村山を歩く

<国宝千体地蔵堂>

北山公園の花菖蒲を観賞し(6月26日・30日公開)、西武東村山駅に戻る途中

鎌倉時代の中期に創建された正福寺に立ち寄った、東村山市内を通る鎌倉街道では

新田義貞と鎌倉幕府軍が対峙した久米川古戦場など、歴史の舞台が残っているが

正福寺も、幕府の執権北条氏が創建するなど鎌倉との関係が深い

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月20日>

<金剛山正福寺>

山門から地蔵堂

宗派:臨済宗建長寺派の禅宗寺院  創建:鎌倉時代中期

開基:北条時頼(鎌倉幕府5代執権)または北条時宗(8代執権)と言われている

51-111  .jpg

51-114  .jpg

正福寺石碑

51-127  .jpg

国宝千体地蔵堂

応永14年(1407年)に建立、都内では赤坂迎賓館と共に国宝に指定されている

北鎌倉円覚寺の舎利殿は鎌倉唯一の国宝建造物ですが、近くから見る事はできない

しかし正福寺の地蔵堂は周囲を一周しながら、真近かで拝観する事ができる

51-137  .jpg

本尊:延命地蔵菩薩立像

堂内には江戸時代に奉納された15~30センチの小地蔵(約900体)を安置している

一年に3回開帳しているので、拝観に行きたいと思っている

51-139  .jpg

奉納厄除け小地蔵

参拝者が奉納した小地蔵、この日の社務所は休日状態、奉納は開帳日でしょうか

51-144  .jpg

51-147  .jpg

正福寺本堂

本尊は千手千眼観音菩薩、参拝したが賽銭箱が見当たらない

51-161  .jpg

十三仏像

本堂に向かう参道に、不動明王、釈迦如来など十三体の石仏を安置

51-164  .jpg

薬師如来

51-171  .jpg

阿弥陀如来

51-174  .jpg

虚空蔵菩薩

私は丑年、妻は寅年、十二支の守り本尊は二人共に虚空蔵菩薩です

51-177  .jpg

貞和の板碑

51-181  .jpg

51-184  .jpg

馬頭観音

左隅に享保6年8月の文字(1723)、八代将軍徳川吉宗の時代です

51-194  .jpg

<大善院>

東村山駅から続く都道128号線から大善院へ、

民家に挟まれた細い参道歩くと、市道の先に大善院の山門が有る

61-111  .jpg

通称:東村山野口不動尊

61-114  .jpg

大善院山門

61-117  .jpg

大善院本堂

山号:恵日山大善院  宗派:天台宗  本尊:阿弥陀如来

61-121  .jpg

不動明王三十六童子

富士山の溶岩で高さ7メートルの山を築き、唐金製不動明王と三十六童子を安置

61-124  .jpg

61-127  .jpg

コロナ退散

東京・大阪・愛知・福岡など大都市での感染拡大に歯止めがかからない

夜の街などから市中の若者・中年世代に拡散したと思えるが、コロナ退散を祈るのみ

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(66)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

東村山を歩く<北山公園 菖蒲苑2> [東京を歩く]

東村山散歩

<北山公園 菖蒲苑 2>

新型コロナウイルスの影響で菖蒲まつりは中止、例年はイベントを開催し

園内の模擬店では、飲食品、お土産、地元の野菜などを販売し賑わっていたが

今年は観光客も少なく寂しい、花菖蒲も新型ウイルスの被害を受けている

妻にコンデジを渡し花を観賞しながら二人でカメラ散歩、約1時間も菖蒲苑にいた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月20日>

<花菖蒲>

八国山を借景にした菖蒲畑

八国山を借景西、豊かな水と緑に囲まれた菖蒲苑、新東京百景に選ばれている

前回の記事でも書いたが、八国山の麓は新田義貞と鎌倉幕府の軍勢が戦った古戦場

宮崎駿監督の「となりのトトロ」は、八国山(作品は七国山)をイメージしている

(この写真は6年前・2014.6.21の撮影です)

A14.06.14-2120E88AB1E88F96E892B211-5d850[1].jpg

花の種類

約600種類、8000株、10万本の花菖蒲が咲く

多摩湖(村山貯水池)を水源とし、菖蒲f苑に沿って北川が流れている

31-104  .jpg

11-126  .jpg

花菖蒲の種類

品種は、肥後系、江戸系が有り、それぞれの花の根元には

優雅な花名を記した名札が付いていたが、今年はそれもなく寂しい

31-107  .jpg

31-109  .jpg

写真の羅列です

妻が撮った写真も採用しています(この花を含め4点)

11-137  .jpg

花の名札がなく残念です

31-114  .jpg

31-131  .jpg

31-134    .jpg

31-137  .jpg

11-141  .jpg

31-141  .jpg

31-144  .jpg

31-147  .jpg

31-167  .jpg

31-184  .jpg

カルガモの親子

子どもが3羽、元気に水草を食べていた、生まれたときは多かったでしょう

31-201  .jpg

紫陽花(アナベル)

八国山の麓、西武電車の線路に沿ってアナベルが咲いていた

41-111  .jpg

西武電車が通過

41-124  .jpg

次回は、東村山(国宝千体地蔵堂)の予定でしたが、薬用植物園を先に紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(61)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

東村山を歩く<北山公園 菖蒲苑> [東京を歩く]

東村山を歩く

<北山公園 菖蒲苑 1>

朝食がすんだ後、花菖蒲を見に行こうと、妻に提案すると二つ返事で連れて行って

行先は東村山市の北山公園、埼玉県所沢市と接する東京郊外の街ですが

玉川上水駅から西武電車で僅か20分ほど、新田義貞の鎌倉攻めの古戦場があり

となりのトトロ名誉市民は故志村けんさん、何かと話題の多い東村山市です

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:6月20日>

<駅前から菖蒲苑へ>

時計台の花菖蒲

東村山駅の東側に比べ人通りが少ない西口、北山公園までは徒歩20分

花菖蒲を見に行くのは今回で6年ぶり3度目、体力が衰えたので

タクシーで行こうと思ったが、並んで待つ人が多いので歩くことにした

01-111  .jpg

駅前の和菓子店

「だいじょうぶだ」・・志村けんさんのギャグに有ったような気がするが??

01-114  .jpg

マンホール(絵柄は多摩湖)

ドリフターズ(東村山音頭)・・「東村山 庭先きゃ 多摩湖 ~ ♪ ♪」

志村けんさんは東村山の名を全国に知らしめた功績者、駅前には銅像ができると言う

01-117  .jpg

行先案内

この日の目的は、北山公園の花菖蒲と、東京唯一の国宝建造物がある正福寺ですが

道を間違え10分以上もロス、北山公園まで20分の予定が30分以上になった

01-121  .jpg

野菜直売所

農家の門前などで東村山野菜の直売所が多い、妻は早速お買い物です

01-124  .jpg

保存生垣

農家でしょうか、道路に面した長い生垣はヒイラギです、この辺りは

鎌倉幕府と新田義貞の軍勢が、小手指合戦(所沢市)の後、久米川合戦をした古戦場

新田義貞軍は分倍河原(府中市)の戦いでも勝利し、鎌倉に攻め込んだ

01-127  .jpg

鎌倉街道が残っているはずだが・・?

01-129  .jpg

01-131  .jpg

ランチタイム

感じの良い店が有ったので少し早いがランチタイム、前川が横を流れている

東村山駅まで戻った後で食事の予定でしたが、ロスをしたので結果的には助かった

01-134  .jpg

ランチメニュー

ピザ、カレーパスタのランチ、選んだのはパスターセット  妻は左、私は右

飲み物1品、野菜サラダ、スープ、チョコムースが付き、安くて美味しかった

01-144  .jpg  01-146  .jpg

弁財天宮

01-149  .jpg

<北山公園 菖蒲苑>

新型コロナの影響で今年の菖蒲まつりは中止、そのため例年なら道の角地に出ていた

目印になる旗のぼりがなく、私たちと同様に道に迷った夫婦と声を掛け合い到着

花菖蒲の最も見ごろから1週間ほど過ぎていたが、それでも予想より多く咲いていた

11-114  .jpg

多摩丘陵・八国山

新田義貞が八国山(190m)に陣を敷いたことから、山頂に将軍塚が残っている

となりのトトロでは七国山と紹介、お母さんが入院していた病院も実在する

11-111  .jpg

八国山の麓を走る西武電車

31-101  .jpg

11-129  .jpg

11-132  .jpg

菖蒲田の水量

多摩湖から流れる水を利用し菖蒲田の水量は豊富です

11-135  .jpg

11-137  .jpg

11-141  .jpg

11-144  .jpg

次回は、東村山を歩く<北山公園 花菖蒲苑2>を紹介します

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(71)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

東京の桜 2020<国立劇場 2> [東京を歩く]

東京の桜 2020

<国立劇場・2>

4月7日午前0時、新型コロナウイルス感染症対策で7都府県に緊急事態宣言が発令されたYaHooニュースを見ると、自分自身の発言に責任を持たないテレビ出演者(芸人など)が、政府や東京都の対策に対し批判する記事が実に多い、今は批判をしている時ではない。

国民すべてが「ワン・チーム」になり、国難ともいえる事態を乗り越えなければならない。このような時も、国民の健康と生活を守るために働いている、多くの人たちの事を忘れず、感染しないように行動するのが自分の努め、83歳の私が感染すれば一溜りもない。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月24日>

センダイヤ(仙台屋)

高知市内の仙台屋の庭にあった、ヤマザクラ系の新品種を牧野富太郎博士が命名

葉は赤く、花は一重で、花の色はソメイヨシノのより少し濃い

21-311  .jpg

私はヤマザクラ系の花も好みです

21-314  .jpg

21-317  .jpg

21-322  .jpg

21-319  .jpg

駿河桜

国立劇場の記念樹、17年前に植樹した当時、幹の太さは親指ほどで有ったと言うが

今は大きな木に育った、ソメイヨシノより少し早く見ごろになる

21-411  .jpg

21-414  .jpg

21-417  .jpg

CIMG0513 (538x403).jpg

駿河小町

国立劇場で生まれた新しい品種、駿河桜の種子から稚木が芽生え成長した

平成23年8月、農林水産省に品種登録をされた

21-511  .jpg

21-514  .jpg

リキュウバイ(利休梅)

21-611  .jpg

21-614  .jpg

21-617  .jpg

国立劇場の前庭

例年なら、赤い毛氈を敷いた床几が置かれ、花見弁当も用意しているが今年はない

21-811  .jpg

卒業式を終え記念撮影、中学生のようですが袴姿です

DSC00291 (538x404).jpg

桂文珍独演会

大阪の落語家「桂文珍」が国立劇場の大劇場で独演会(1日2題)を20日間開催

東西の落語家が毎日1人応援出演するが、東京の落語家は頑張れ

しかし、開催期間中は新型コロナの感染拡大にぶtかり、不運な公演でした

21-911  .jpg

私たち夫婦は文珍の大フアン、聞き行けず残念でした(この日が最終日)

桂文珍の母親をネタにした「老婆の休日」などは、何度聞いても楽しめる

21-914  .jpg

神代曙(今年の見納め)

国立劇場を代表する神代曙、やがてソメイヨシノを後継する桜になる

DSC00268 (538x404).jpg

コロナで多忙
地元老人会の会長として、定期総会の開催準備をしていたが、緊急事態宣言の発令が近づき三つの密に相当する会場での総会開催を断念し、急きょ総会中止文書作成、総会提出資料、定例会報を前倒しで作成し、役員を集め仮承認、市の公民館のコピー機が借用不可になり、会員105人分の書類を半徹夜で自宅でコピー(2100枚)、緊急事態発令前日に配布した
何かと忙しい1週間が過ぎ久しぶりにブログの更新ができた。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(74)  コメント(15) 
共通テーマ:旅行

東京の桜 2020<国立劇場 1> [東京を歩く]

東京の桜 2020

<国立劇場・1>

3月25日、小池都知事は新型コロナウイルスの感染状況について「感染爆発・重大局面」と発表し、移動自粛を要請したが、その後も感染者の数は増え続け、見えない敵との戦いと緊張感は増すばかり、「緊急事態宣言」の発令を要求する声は日に日に多くなっている

このような時、桜の記事のアップはためらうが、3月24日麹町の診療所(前記事)帰りに撮った、国立劇場前庭の美しい桜を紹介します、自粛の慰めになれば有りがたい

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月24日>

皇居桜田濠

4月2日から3日間、京都の桜を見に行く予定でいたが、新型コロナの影響で中止

宿泊は東急ホテル、移動はすべて観光タクシー、食事場所も十分注意するなど

感染しない自信はあったが、今は自分のことより自粛が一番、残念だが止むを得ない

11-175  .jpg

内堀通りから国立劇場の桜(1)

半蔵門から内堀通りを三宅坂の方向に少し歩くと国立劇場、振り返って撮影

21-107  .jpg

内堀通りから国立劇場の桜(2)

左の最高裁判所前にはソメイヨシノがあるが、国立劇場にはソメイヨシノはない

21-111  .jpg

国立劇場の正面

正面の桜はお目当ての神代曙桜、予想通り丁度見ごろです

21-114  .jpg

<神代曙(ジンダイアケボノ)

神代曙は、東京の神代植物園で誕生したソメイヨシノ系の新しい品種

花は淡紅色で一重咲き、ソメイヨシノより花の色が濃い

21-121  .jpg

ソメイヨシノの・・代替種

ソメイヨシノは「てんぐ巣病」に掛りやすいが、神代曙は耐性が強いと言う、そのため

新しく桜の植樹する場合は、ソメイヨシノから神代曙にしているという

21-124  .jpg

神代曙をアップ

この桜を初めて見たのは7年ほど前、上品な淡い紅色に魅せられ、毎年通っている

花弁が散り始めるころは、花の色が白になるので、咲き始めが特に美しい

21-147  .jpg

次世代の桜「神代曙」

数十年後、日本を代表する桜はソメイヨシノから神代曙に交代するでしょう

21-131  .jpg

21-134  .jpg

21-137  .jpg

21-141  .jpg

21-144  .jpg

少し人が増えてきた

21-161  .jpg

<小松乙女(コマツオトメ)

エドヒガン系の栽培品種で、ソメイヨシノよりやや小さく淡い紅色です

上野公園の小松宮彰仁親王の銅像前に原木が有ることから、この名が付いた

21-211  .jpg

小松乙女をアップで

花の形は5弁、同じ淡紅色でも神代曙より少し薄いようです

21-217  .jpg

21-224  .jpg

21-227  .jpg

21-307  .jpg

早稲田大学の田中学長は「早稲田大学の諸君へ」と題し、深夜の高田馬場駅前ロータリーで酒に酔い騒いだ卒業生などに対し猛省を促す文章を発表、学生は何をはき違えているのか

安倍首相は、爆発的拡大をすれば感染者は30倍になる、今はギリギリ持ちこたえている 長期戦を覚悟と28日の記者会見で発言、すべての国民は冷静な行動が必要でしょう

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(78)  コメント(14) 
共通テーマ:旅行

東京の桜 2020<半蔵門あたり> [東京を歩く]

東京の桜 2020

<半蔵門あたり>

現役時代から定期的に通っている麹町の診療所、目的は常薬の受け取りですが、薬の在庫も底をつき、新型コロナウイルス感染の心配も有るが、備えと注意を怠たらなければ大丈夫、そして診療所に近い国立公園の前庭には、私が好む桜が有るので少し寄り道をした。

電車のつり革や、階段の手すりには一切手を触れない、至近での対面を避け、多くの人が集まる場所には近づかない、立川駅から中央線を利用すると乗客が多いので西武電車を使用、こんな規則を決め行動したが、それから1週間過ぎたが、今のところ異常はない。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:3月24日>

<皇居内堀の桜>

診療所の後は、次の国立劇場に行く前に半蔵門前の公園へ、千鳥ヶ淵緑道から続く

散歩道ですが、桜の開花は5分咲きほど、内堀の土手に咲く春らしい花が美しい

11-111  .jpg

半蔵門と桜

11-114  .jpg

公園の桜

例年なら近くの会社員が花見弁当を食べに来る昼休み、人の姿は少ない

11-117  .jpg

CIMG0637 (538x405).jpg

11-127  .jpg

花見客の後ろ姿

11-131  .jpg

半蔵門と植木の影

11-136  .jpg

半蔵濠の桜・2点

11-138  .jpg

11-141  .jpg

千鳥ヶ淵の方向

少し歩けば千鳥ヶ淵ですが、人出が多いと思われるのでスルー

11-144  .jpg

土手のナノハナ

半蔵濠の土手を覆いつくし黄色の菜の花と白い花のコントラストが良い

11-147  .jpg

11-151  .jpg

ムラサキハナナの色違いでしょうか?

CIMG0554 (538x404).jpg

足元にはタンポポ

11-157  .jpg

桜田濠の眺め

半蔵門の前から警視庁方向を撮影、手前の雑草の中には・・次の写真

11-171  .jpg

ツクシ(土筆)

皇居の堀端にツクシの群生、これでも今年は数が少ないようです

11-161  .jpg

11-164  .jpg

国立劇場の桜

半蔵門から内堀通りを歩き国立劇場へ、その記事は次回です

DSC00220 (538x404).jpg

散り始めたサクラに追い打ちをかけるように、3月29日の東京は朝から冷たい雪、昨日は24℃を超えていたので、コロナ騒ぎのなか風邪には要注意、週末2日の自粛要請には恵みの雪かもしれないが、東京の感染者数は毎日増加し、首都封鎖の懸念も増加している

私見ですが、3月末までが大きな節目、4月初めには次のステップに進むかもしれない

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(74)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

上村松園の美人画<副・京都祇園> [東京を歩く]

上村松園美人画

<副・京都祇園>

奈良市内にある松柏美術館、上村松園3代の作品が展示され見に行きたいと

思っていたが機会が無く見逃していた、今回、山種美術館で松園などの美人画を

鑑賞できると知り、開催3日目でしたが、神田明神を参拝したあと美術館へ

写真が少ないので、京都祇園の想い出と併せて、日本伝統の美を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月5日>

<山種美術館>

上村松園と美人画の世界

JR恵比寿駅から約12分、坂道や歩道橋の上り下りでやや疲れたが

美人画の良さを再認識、見終わった後は妻とティールームでゆっくり休憩です

11-111  .jpg

展示の見どころ

『季節を感じる衣装や丹念に描かれた日本髪、繊細な表情を見せる目元や指先など

松園芸術の粋をご堪能ください』・・山種美術館のパンフレットから抜粋

11-115  .jpg

美人画の解説をするには役不足、写真をゆっくりご覧ください

春のよそをひ(1936年)

11-121   (538x487).jpg

庭の雪(1948年)

11-124   (538x439).jpg

牡丹雪(1944年)

11-127   (538x441).jpg

牡丹雪をトリミング

11-131  .jpg

蛍(1013年)

11-134   (284x510).jpg

新蛍(1929年)

11-137   (371x510).jpg

折鶴(1940年)

11-141  .jpg

展示作品の冊子を購入

展示作品は松園の美人画18点、ほかに鏑木清方、清方の弟子の伊東深水など

11-145  .jpg

足立美術館にて

松園の美人画を初めて見たのは足立美術館、その時にクリアファイルを買った

奈良の松柏美術館に行けないが納得です

img005 (371x510).jpg

日本髪の髪型がすべて違います、女性の髪を結う事ができた上村松園

松園だからこそ、このような繊細な美人画が描けたのでしょう

--------------------------------------------------------------------------------------------------------

<京都の想い出>

現役時代、業界の定期総会が、北海道、東北、九州など毎年各支部の交代で開催され

そして宴席には妻を伴い出席していた、総会中同伴の夫人たちは名所を観光

関西支部の会場は京都のウエスティン都ホテルでした(この写真は7年後の秋)

11-210   2007-05 ウィスティン都.jpg

祇園の踊り(2007.5.25)

宴会が始まると会場は暗くなり照明が舞台に集中、そして芸妓さん二人の踊り

参会者150人ほどの中、夫婦参加(8組)は最前列のテーブルで

芸妓さん、舞妓さんの踊りを見物、ブログを始める前で撮った写真は2点のみでした

11-214  .jpg

華やかな踊り

「祇園小唄」の曲に合わせて、舞妓さん、芸妓さん16人が踊りを披露

「祇園恋しや だらりの帯よ」の歌詞になると、全員が後ろ向きの姿を見せてくれた

11-217  .jpg

舞妓さんと一緒に

古希を迎えた13年前、二人とも若かったが妻にとっては懐かしい想い出

いまだに、お父さんのお陰で良い体験ができたと喜んでいる

11-219  .jpg

北海道支部長夫人と妻

芸妓さんたちに負けない美しい人ですが、残念ながら写真にマスクを入れた

11-221  .jpg

祇園で2次会

宴会の後は、祇園花見小路の置屋さんに押しかけ2次会(左は業界の会長夫人)

芸妓さんを交え祇園の夜を体験(約30人)、男たちは舞妓さんの名刺を貰っていた

11-225XXX  .jpg

祇園白川の夜桜(2009.4.8)

仲の良い人たち8人を祇園白川に案内したが、皆さんは初めての場所

女性たちはお互いに親しい関係、来年もまた逢いましょうねと、声を掛け合っていた

翌年は東京支部(日航ホテル台場)、その次は北海道支部(札幌パークホテル)でした

11-231  .jpg

今年は数年ぶりに京都の桜を見に行く予定です、楽しみにしている

次回は、地元の日本舞踊を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(73)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

正月の神田明神と渋谷 [東京を歩く]

正月の神田明神と渋谷

現役時代、勤務先の業績向上を願い、毎年神田明神に初詣を続けていたが

現役引退後は参拝する機会も少なくなった、この日は山種美術館で開催されている

上村松園の美人画の観賞を兼ね、久しぶりに神田明神に訪れたが

境内には、ガラス張り3階建てのモダンな文化交流館が完成し一変していた

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<撮影日:1月5日>

<神田明神 初詣>

正月3が日は勿論、4日・6日は、銀行、証券会社など企業が多く混雑する

そこで、選んだのは1月5日(日曜日)、着いた時間は午前11時頃でしたが

参拝者の人出は想定通り、この日は私の誕生日でした

CIMG5190 (538x404).jpg

随神門

随神門の前に参拝者の行列、手水舎を境内から門外に移したのが原因ですが

境内に入るにも行列の隙間を通り抜ける、正月3か日と4日はさぞ混雑したでしょう

CIMG5193 (538x404).jpg

随神門から拝殿

CIMG5196 (538x403).jpg

社殿に参拝

総朱漆塗りの社殿(拝殿、幣殿、本殿)、列に並び参拝をする

CIMG5197 (538x405).jpg

銭形平次の石碑

野村胡堂の時代小説、銭形平次の長屋は神田明神下、子分の八五郎の碑もある

CIMG5202 (538x404).jpg

猿回し芸(日光猿軍団)

僅か3歳の男の子、教え込まれた猿芸を披露、最後まで楽しく拝見した

ご祝儀に長方形のお札1枚(妻と2人分)進呈した

CIMG5210 (538x405).jpg

甘酒(平野屋)

350円の甘酒を妻と二人で1杯、何故か?、味が薄かった

CIMG5216 (538x404).jpg

御茶ノ水駅 工事現場(聖橋から)

御茶ノ水駅の周辺には順天堂大学、医科歯科大学、日本大学などの病棟が多く

また駅のホームが狭いため、神田川の上に仮設桟橋を設けバリアフリー工事を実施中

工事現場に関心が有ったが、聖橋の中央は立入禁止、お茶の水橋からも撮影(次ぎ)

CIMG5187xxxx (538x404).jpg

お茶ノ水橋から

中央線、総武線のホームの上に、バリアフリー通路、改札、駅舎などを建造

工事が終われば仮設桟橋も取り除かれ、聖橋の景観が戻るでしょう

CIMG5217 xxxx(538x404).jpg

<渋谷ぶらり>

御茶ノ水から山種美術館に近いJR恵比寿駅へ、ルートは幾通りも有るが

数日前に利用を開始した、東京メトロ渋谷駅を経由することにした

完成した新しいホームは、見違えるように広く斬新なデザインになった

CIMG5220 (538x404).jpg

ホームの表示板

CIMG5221 (538x403).jpg

元のホーム

CIMG5224 (538x403).jpg

渋谷駅前ロータリー

元旦のカウントダウン、ハローウィンの大騒ぎなど、何かと話題の多い渋谷の街

若者たちが集まる駅前のロータリーは、さすがに人が多い

CIMG5228 (538x404).jpg

少女3人・目的は?

持っている紙には・「私たちと写真を撮りツイッターにあげませんか」と記入

CIMG5227 (538x403).jpg

外国人家族とガイド

CIMG5226 (538x404).jpg

外国人とハチ公

国籍の違う外国人たちが、交代でハチ公と記念撮影

日本観光のパンフレットに、忠犬ハチ公の謂れを紹介しているのでしょう

CIMG5236 (538x403).jpg

ポーズが決まっています

CIMG5233 (538x405).jpg

忠犬ハチ公

飼い主が亡くなった事が分からず、毎日~10年間も主人を迎えに通ったハチ公

渋谷に集まる若者たちより、外国人の方がよく知っているようです

CIMG5234 (538x404).jpg

えびす像(JR恵比寿駅)

ここから、上村松園の美人画を見に山種美術館へ

CIMG5239 (538x404).jpg

次回は、上村松園と美人画の世界を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(67)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 東京を歩く ブログトップ