So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

立老連旅行記(4)<讃岐路の観光> [西日本の旅]

立老連旅行記(4)

<讃岐路観光>

讃岐の観光名所と言えば、真っ先に金毘羅宮参りを最初に思い浮かべる

旅行会社は、琴平温泉に2泊し金毘羅宮に参拝、そして栗林公園、大歩危などを提案

しかし、老人会の旅行では、1,000段の階段を歩いて登れる人はほとんどいない

そのため、鳴門・徳島観光を中心にし、最終日は善通寺と栗林公園の2カ所にした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月27日>

<高松自動車道>

鳴門海峡のリゾートホテルを9時に出発し、徳島県から香川県の善通寺市へ

私はドラーバーの後ろの席、眺めは良いが天国に最も近い席だと皆さんに紹介

瀬戸内海が見えたので撮影したが、さぬき市辺りでしょうか

31-111  .jpg

<総本山善通寺>

善通寺は弘法大師空海の誕生所、高野山、東寺と共に弘法大師三大霊場の一つ

真言宗善通寺派の総本山、寺号は屏風浦五岳山誕生院

中門(有形文化財)

31-118  .jpg

<善通寺西院(誕生院)>

仁王門(有形文化財)

石橋(廿日橋)を渡ると善通寺の西院(誕生院)になる

31-120  .jpg

御影堂(大師堂)

御影堂のある誕生院は、弘法大師空海が生まれた佐伯家の屋敷跡に建立

31-124  .jpg

<善通寺東院(伽藍)>

堂(本堂)(重要文化財)

善通寺は、西院と東院の二つのエリアに分かれている

金堂の本尊は釈迦如来坐像(像高3m)、脇侍の日光菩薩・月光菩薩はない

31-134  .jpg

五重塔と鐘楼(重要文化財)

四国最大の五重塔(45m)、日本最大は東寺の五重塔(55m)です

31-137  .jpg

境内の大楠(天然記念物)

弘法大師が生まれたときからある大楠、樹齢1,200年以上

観光バスの中でパワースポットだと紹介したら、多くの皆さんが眺めていた

31-141  .jpg

31-145  .jpg

突然にわか雨

中門の下に駆け込み雨宿り、西院に向かう僧侶を見送る、後に続く人は傘がない

31-154  .jpg

済世橋を渡る

雨が小降りになったので橋を渡り駐車場へ

31-157  .jpg

高松自動車道

善通寺(善通寺市)から栗林公園(高松市)へ

31-161  .jpg

<特別名勝 栗林公園>

栗林公園は、国指定の名勝庭園の中で、最も面積が広い池泉回遊式庭園です

水戸偕楽園、金沢兼六園、岡山後楽園が日本三名園とされいるが、それに勝り

アメリカの日本庭園専門誌にも毎年上位にランク、400年の歴史が有る

栗林公園入口

紫雲山を背景に入れた美しい公園(庭園)です、(写真はネットから拝借)

公園の説明は「一歩一景の美しさ」、6つの池と13の築山を配している

6244[1] (538x359).jpg

北湖から紫雲山

ガイドの案内で皆さんを先行させ、私は足の悪い人たちの世話

その後で先行グループを追いかけたが、園内を巡る時間が不足し残念でした

31-164  .jpg

北湖の展望

赤い橋は梅林橋、右奥に皐月亭(茶店)が見える

31-167  .jpg

北湖の松

園内には、鶴亀松、根上り松など有名な松が有るが、時間不足で見れなかった

31-177  .jpg

飛来峰から展望

栗林公園で随一の撮影スポット、飛来峰に上がるよう皆さんに勧めた

31-181  .jpg

飛来峰から展望(拡大)

南湖に架かる偃月橋(えんげつばし)、ビュースポットです

31-184  .jpg

手漕ぎ船

南湖に浮かぶ手漕ぎ舟、ゆっくり時間が流れるのを感じる

31-186  .jpg

吹上亭前の錦鯉

吹上亭で皆さんに追いつくと、湯茶のサービスを受け、ガイドは土産物のPR

時間がかかるので中止させたが、ガイドは吹上亭の専属でした

高松空港に着くと搭乗まじか、買い物をする時間もなかった

31-188  .jpg

園内の紅葉樹

31-191  .jpg

<羽田空港~立川へ>

迎えのバスに乗り立川市内へ、湾岸道路に入るとまた渋滞、中央道の石川PAで

トイレ休憩を予定していたが、時間がかかるため首都高環状線(地下)を避け

迂回をして芝浦PAで予定外の休憩、バスを降りたのは午後10時でした

31-201  .jpg

四国「阿波讃岐路の旅」、初日は高速道の事故渋滞で新幹線に乗り遅れるトラブルに遭遇、2日目は体調不良者が発生、そして旅行最終日に、羽田に戻ってくると首都高の渋滞など、問題の多い旅行でしたが、アンケートの結果は皆さんが満足、結果オーライです

-------------------------------------------------------------------------------

病気治療について

先週、検体検査をしましたが、引き続きMRI、細胞検査などが続く予定です

その後の体調は良く、合間に昭和記念公園の紅葉を見物、病名は前天皇陛下と同じです

40%の確率で癌の心配はありますが、大丈夫だと言い聞かせています

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(33)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

立老連旅行記(3)<大塚国際美術館> [西日本の旅]

立老連旅行記(3)

<大塚国際美術館>

うずしお観潮船の乗り場や連泊するホテルに至近距離、旅行会社のプランには

入館料金(3,240円)が高く行程に入っていないので、オプションとして追加した

2日目の観光参加者(2人はホテルで静養)に調査すると42人中39人が参加

そして、アンケート調査では渦潮観潮、四国霊場などを抑えトップ評価でした

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月26日>

<写真の羅列です>

世界の名画、礼拝堂の天井画など1,047点を陶板で原寸大に復元した美術館

展示作品が多く、またすべてを見て回ると4km、そのため皆さんが好むであろう

モネ(睡蓮)ゴッホ(ヒマワリ)ヤン(真珠の耳飾の少女)ミレー(落ち穂拾い)

ダヴィンチ(モナリザ・最後の晩餐)などの展示場所を一覧表にして車内で説明した

21-400  .jpg

バスの車内で説明するとき、展示品は「本物ではない」「レプリカ」です。しかし本物以上に精巧で寸分も違わない、違いは1,000年以上経っても傷まない、本物が焼失しても永久に残る、手を触れ写真撮影もOK、本物ではないと言え世界中の名画を1ヵ所で観れ、必見の価値が有ると説明、 足の悪い人も杖を突き懸命に歩き鑑賞され、本当に良かったと喜んで貰えたが、アンケートの結果39人中1人だけ、ルーブル・オルセーで見たのでガッカリしたと記入(私も見ている)、ルーブル・オルセーは全作品中15%ほど、世界19ヵ所の美術館、博物館所蔵の絵画を展示している、このような人もいると予想はしていたが1人だけ私の説明を理解できない人物がいた・・私もガッカリした(私は2度目です)

システィーナホール

21-401  .jpg

システィーナ礼拝堂 天井画・壁画

ミケランジェロ 1508-1512年  天地創造、アダムとイブ、受胎告知を描いている

21-404  .jpg

スフロヴェーニ礼拝堂 壁画(イタリア)

ジェット  壁画はキリストの生涯、聖母マリアの生涯、座って過ごしたいが時間なし

21-407  .jpg

エル・グレコの祭壇衝立復元(プラド美術館)

A21-414  .jpg

アレキサンダー・モザイク

ポンペイ出土  前100年頃  313x582cm  ナポリ国立考古学博物館

21-514  .jpg

アキレウスとケロイン

前70年頃  125x127cm  ナポリ国立考古学博物館

P5213824 (538x404).jpg

天井の愛と地上の愛

ティツィアーノ   1515年    118x279cm  ホルゲーゼ美術館

P5213861 (538x404).jpg

小椅子の聖母 

ラファエィロ   1514-15年    直径71cm   ビッティ美術館

P5213844 (538x404).jpg

キリスト昇架

リュペンス・パウル  1610-11年   462X641cm  アントヴェルペン大聖堂

P5213885.JPG

真珠の耳飾の少女(青いターバンの少女)

フェルメール、ヤン  1665-66年頃  47X40cm ウリッツハイス美術館

21-410  .jpg

牛乳を注ぐ女

フェルメール、ヤン  1632-75年頃  46X41cm  アムステルダム美術館

21-413  .jpg

オフィーリア

シェークスピア ハムレットの悲劇の主人公

ミレイ・ジョン・エヴァレット 1851-52年 76X112cm    テート・ギャラリー

P5213941 (538x403).jpg

笛を吹く少年

マネ、エドウール  1866年  161X97cm   オルセー美術館

驚いたのは同じ服装を着せて一緒に撮る写真撮影サービス、4年前はなかった

21-415  .jpg

ゴッホ自画像

ゴッホ、フィンセント・ファン  1888年  65X55cm   オルセー美術館

21-418  .jpg

ヒマワリ

ゴッホ、フィンセント・フアン  1888年  98x694cm 

本物は日本で消失したので、実際に見れるのは大塚国際美術館のみです

21-420  .jpg

睡蓮・バラ色のハーモニー

モネ、クロード  1899年  89X93cm    オルセー美術館

21-426  .jpg

モネの大睡蓮

オランジェリー美術館、 陶板複製画のため屋外展示が可能になった

21-430  .jpg

最後の晩餐(修復後)

レオナルド、ダ、ヴインチ

1495-98年 420X910cm サンタ・マリーナ・テッレグラーツイン修道院食堂

皆さんを誘い記念撮影(修復前の作品も展示、観れるのは大塚国際美術館のみ)

21-441  .jpg

モナリザ

レオナルド、ダヴィンチ  1503-06年  77x53cm  ルーブル美術館

ルーブルは少し暗い照明で離れた場所から鑑賞、目の悪い私は満足に見えなかった

21-444  .jpg

落穂拾い

ミレー、ジャンフランソワ  1857年  84x110cm  オルセー美術館

21-448  .jpg

ミレー    羊飼いの少女(上)、 晩鐘(下)

21-450  .jpg

ブージヴァルのダンス

ルノアール、オーギュスト  1863年  182x98cm  ボストン美術館

21-454  .jpg

ラ・ジャポネーズ

モネ、クロード  1876年  231x142cm  ボストン美術館

モネの美しい妻カミーユは、3年後にわずか32歳の若さでこの世を去った

21-457  .jpg

ルイ14世の肖像

リゴー、イアサント  1701年  280x190cm  ルーブル美術館

ルイ14世は背が低い人物で、高いハイヒールを履いている

21-464  .jpg

民衆を導く自由の女神

ウlジェヌ・ドラクロワ  1830年  77x53cm  ルーブル美術館

ルーブル美術館では、女性がこの絵の前で複製画を書いていたが、日本では有り得ない

21-467  .jpg

着衣のマハ

ゴヤ、フランシス・デ  1800-05年頃  95x190cm  プラド美術館

21-474  .jpg

裸のマハ

ゴヤ、フランシス・デ  1796-1800年頃  95x190cm  プラド美術館

21-477  .jpg

叫 び 

エドヴァルト、ムンク  1893年  91x74cm  オスロ国立美術館

21-511  .jpg

健康診断の結果、レッドカードが一つ、その処置のためブログ更新が遅れています


次回は、立老連旅行記(4)<四国讃岐観光>を紹介します

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------


nice!(66)  コメント(12) 
共通テーマ:旅行

立老連旅行記(2)<阿波徳島観光> [西日本の旅]

立老連旅行記(2)

<阿波徳島観光>

今回は四国「阿波讃岐路の旅」、鳴門市内には四国霊場1番札所と2番札所があり

また徳島市内では、藍染め体験と阿波踊り体験もできるので、この日の行程に加えたが

朝、出発時点になって高齢女性が体調不良を訴えダウン、医師の手配をしホテルで休養

老人会旅行では避けられないが、ホテル連泊の成果が有った、夜の宴会には参加された

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:9月26日>

<四国霊場巡り>

阿波鳴門に一番札所・二番札所があるので、2日目の旅行の最初に選んだ

一番札所霊山寺は、四国霊場を札所順に巡拝するお遍路さんには発願の寺

歩き遍路をすると行程は約1,460㎞、東京・鹿児島間のJR路線距離と一致する

<1番札所 霊山寺>

21-151  .jpg

仁王門から本堂へ

寺号:竺和山霊山寺一条院    開基:行基菩薩    本尊:釈迦如来

21-154  .jpg

本堂に参拝

旅行に参加した皆さんが次々にお参り、本堂は仁王門から近いが

それでも、足の弱い女性(3名ほど)は仁王門の内側からお参りしますと言う

21-157  .jpg

十三佛

不動明王堂の左に釈迦如来、薬師如来、阿弥陀如来など等身大の十三体を安置

私たち夫婦は丑年・寅年生まれ、守り本尊は虚空蔵菩薩です

21-161  .jpg

大師堂

参拝は、本堂から大師堂の順に拝礼するのが作法と言う

21-164  .jpg

境内の錦鯉

21-166  .jpg

<2番札所 極楽寺>

霊山寺と共に聖武天皇(724~749)の勅願により行基菩薩が開基した寺院

弘安6年(815)、弘法大師はこの地で37日間「阿弥陀経」を読請し修法されたという

21-171  .jpg

雲海の浄土

仁王門を通ると広い境内、本堂への途中に浄土をイメージした庭園がある

21-185  .jpg

本堂に参拝

寺号:日照山無量寿院極楽寺  開基:行基菩薩  本尊:阿弥陀如来

21-173  .jpg

大師堂

本堂の右手に落ち着いた佇まいの大師堂、本堂に続いてお参りする

21-176  .jpg

大師堂(2)

奉納旗は南無大師金剛遍照 扁額は弘法でした

21-178  .jpg

長命杉(樹齢1200年)

弘法大師お手植えの霊木、手を触れると家内安全と長寿を授かるという

21-180  .jpg

境内の石像

皆さんは、可愛いねと言いながら眺めていた

A21-188  .jpg

<藍の館>

江戸時代、藩主蜂須賀家の保護奨励政策により、日本全国を席捲した阿波藍

現在もその技術が受け継がれ、藍染めの衣類など作品は人気が高い

館内には、江戸時代から明治・大正時代の作品を数多く展示している

21-222  .jpg

藍染め体験

受付で作品見本の中からスカーフやハンカチを選び、館の女性から指導を受けて

世界中でただ一つの「記念の品」を完成、体験した人たちから喜んでもらえた

21-214  .jpg

スカーフなどを手で絞りよせ、藍液に漬ける工程を繰り返す

通常は約1分ごとに3回漬けるが、薄い色を好む人は2回漬けです

21-217  .jpg

乾燥工程

染め終わると水で洗い脱水、アイロンで乾燥させ終了です(全工程 約15分)

21-219  .jpg

モデルさん

皆さんはマイ・スカーフを完成、記念に撮影したが4人とも親しい関係です

立老連の幹部会のとき、参加しなかった人たちに見せていたが、良い出来でした

CIMG4095 (538x404).jpg

館の直売店

参加しなかった人は藍染商品を買い物、家紋が入った暖簾を買う人がいたが

商品の価格は市販(阿波踊り会館)の半分ほどだと言っていた

21-225  .jpg

<阿波踊り会館>

公演開始の40分前に到着し、皆さんは広い土産物コーナーで買い物

開館と同時に入館し前方の席を確保、その後団体客が続き満席(定員250名)でした

21-311  .jpg

阿波踊り開宴

午後2時に開宴し、約40分間の踊りのショー

踊るのは会館の専属連、夜は阿波踊りの有名連が交代で出演すると言う

21-314  .jpg

阿波踊りの解説

連長が、昔の踊りから現在に至るまで阿波踊りの歴史と変遷を説明

そして、女踊り、男踊り、お囃子の三味線、笛、笙、太鼓など

21-317  .jpg

私は、夏の徳島と高円寺で見ているが・・私は見る阿呆です

21-319  .jpg

踊り子さんと一斉踊り

フィナーレは観客の皆さんが舞台に上がり、踊り子さんたちと一緒に阿波踊り

立老連の人たちも15人ほどが・・踊る阿呆で・踊らにゃそんそん!

21-321  .jpg

踊りの表彰

男2名、女3名がに認められ連長から表彰、その中の4人は立老連でした

21-328  .jpg

次回は、立老連旅行記(3)<大塚国際美術館>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(58)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行
前の3件 | -