SSブログ

宮古島旅行記(5)<旅行2日目> [沖縄旅行]

宮古島旅行記(5)

<旅行2日目>

バスガイドの説明では、沖縄には島が160も有るという(無人島が約50)

宮古本島は、沖縄本島、西表島、石垣島に続き4番目の大きさですが

面積は瀬戸内海の小豆島とほぼ同じ、しかし見どころは多く旅行2日目は

伊良部島、下地島、池間島も巡ったので、朝から夕刻まで宮古観光になった

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:11月23日>

<宮古島観光>

ドイツ村

ドイツのシュターデ市と友好関係を結び、中世ドイツの建物を模した博物館など

リゾート施設が前方に見えるが、この日の観光はドイツ村の一角にある水中観測船へ

東急ホテルに近く2日目最初の観光、朝は天気が良く海中に群れる魚がよく見える

22-111  .jpg

水中観測船

観測船に乗り南の島の海中を散歩、船名はシースカイ(博愛)です

22-115  .jpg

22-118  .jpg

船底の特別席

水族館と同じように窓越しに海中を見渡せる(借用写真)

s-CIMG6659[1] (538x404).jpg

大きいなアジ(鯵)

餌付けをしているので近づいてくる、ガイドさんの説明では美味しくないと言う

22-127  .jpg

22-133  .jpg

サンゴ

22-135  .jpg

22-138  .jpg

スズメダイ

22-144  .jpg

伊良部大橋

宮古島と伊良部島を結ぶ3.540mの橋、通行料を徴収しない橋として日本最長です

このような写真を撮りたかったが、車窓からの見物です(借用写真2点)

23-101  .jpg

歩道を歩くことができる

23-104  .jpg

車窓撮影3点

添乗員の計らいで最も前の座席を利用、このような写真を撮れるので有難い

23-111  .jpg

天気が変りやすい

A23-115  .jpg

23-119  .jpg

渡口の浜(伊良部島)

砂山ビーチ、前浜ビーチに続いて三つ目の砂浜を散歩

手ですくったが、3か所の中で最もサンゴの粒が細かくパウダー状でした

26-131  .jpg

裸足の女性たち

ガイドに勧められ女性たちは裸足です、パウダー状のため痛くはない

DSC02749 (538x403).jpg

ツアーの仲間たち

私は坐骨神経痛が最悪状態、ようやく歩ける状態でした

26-111  .jpg

浜辺に何を書いているのか?

26-114  .jpg

日光で浜の色が刻々と変化する

A26-117  .jpg

島の海峡

川のように見えるが二つの島のを分かつ狭い海峡、橋を渡ると下地島です

26-141  .jpg

佐和田の浜(下地島)

明和8年(1771年)石垣島沖で発生したマグネチュード7.4の大地震により

海底のサンゴ石が佐和田の浜に打ち上げられ、天然記念物になっている

24-110  .jpg

津波石群

津波の高さは約30m、石垣島、八重山諸島と共に、宮古島も大きな被害を受けた

24-111  .jpg

24-117  .jpg

次回は、宮古島旅行記(6)<旅行日2目(2)>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(69)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

宮古島旅行記(4)<東急ホテル2> [沖縄旅行]

宮古島旅行記(4)

<東急ホテル(2)>

美しい前浜ビーチに面した宮古島東急ホテルは、滞在型の観光リゾートホテルです

広大な敷地ではパークゴルフ、サイクリングなど陸のスポーツも楽しめるが

前浜ビーチでの遊泳、クルージングやボート遊びなどマリンレジャーにも恵まれている

暖かい南の島、遊泳は10月中旬までできるが、11月の旅行では時期が過ぎていた

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:11月24日>

<朝の散歩>

前浜ビーチ(ホテルのHPから3点借用)

東洋一美しいと言われている、白い砂浜がキャッチフレーズの伊那覇前浜ビーチ

純白の砂浜が延々と続くエメラルドブルーの海は、トライアスロンのスタート地点です

東急ホテルからサンダル履きで出入りでき、プライベートビーチのようである

toukyuu992500-1[1] (538x404).jpg

ホテルからビーチへ(借用写真)

このような景色を見に再度訪れたいが、高齢のため難しい

833f4fa1_z[1] (538x404).jpg

ビーチから來間大橋(借用写真)

前浜ビーチの美しさを伝えたいため借用写真を3点使用、ご容赦ください

IMG_0239[1] (538x405).jpg

ビーチを散歩

レストランで朝食を終え、その場から直接ビーチへ

この日は旅行最終日(3日目)、9時半出発のため少し余裕があり朝の散歩をする

「砂文字」は、私たちより先に歩いていた男性と思えるが、中々上手に書いている

02-119  .jpg

裸足で歩く妻

妻は80歳過ぎても好奇心が旺盛、部屋を出る時から裸足で歩く準備をしていた

宮古島の朝は遅い、太陽の光はようやく届き始め・・妻の影が長い

02-122  .jpg

妻の足跡

サンゴの欠片の砂浜、土地の砂とは違い粒子が細かく痛みは全くないと言う

02-125  .jpg

記念に一つ

來間大橋の近くまで歩きたかったが、時間がなく諦めて引き返す

02-129  .jpg

私の後ろ姿

痛む右足をかばい倒れそうに歩く姿が情けない、朝の気温は22度でした

02-131  .jpg

ビーチからホテルへ

太陽の光が真上から射す頃は、サンゴの白浜が美しくなるが

散歩時間が8時過ぎではこの状態です、ツアー仲間で散歩する人はいない

02-107xxx  .jpgCIMG8863 zzz (538x403).jpg

<午後の散歩>

ホテルの前庭(4階から撮影)

2日目の観光(その記事は次回)を終え午後5時ごろにホテルに帰着

坐骨神経痛の痛みはピークでしたが、ホテル正面の庭園をカメラ散歩した

02-211  .jpg

撮った写真の羅列です

カジュマル

02-214  .jpg

ビックリチバタ

02-217  .jpg

02-220  .jpg

ブーゲンビレア

02-224  .jpg

02-227  .jpg

木槿(ムクゲ)でしょうか?

02-233  .jpg

ハイビスカス

02-251  .jpg

02-254  .jpg

花の名は?

02-257  .jpg

マニラヤシ

02-259  .jpg

02-261  .jpg

次回は、宮古島旅行記(5)<2日目の観光>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(61)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

宮古島旅行記(3)<東急ホテル1> [沖縄旅行]

宮古島旅行記(3)

<宮古島東急ホテル(1)>

宮古島旅行を選んだ理由の一つは東急ホテル、私は40年以上前からメンバー会員で

札幌から鹿児島まで、出張・旅行のときに利用していたので、思い入れがある

昨年は京都東急を3日間予約し、紅しだれ桜を巡る予定でいたがコロナでキャンセル

今年は自治会、老人会すべての役職を離れるため4月は多忙、京都の桜を見れるか

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<宮古島東急ホテル・リゾーツ>

正面玄関

旅行2日目、島内観光を終えた夕刻5時半に撮影

宮古島を観光中、3日間とも朝の天気は良いが、午後は雲が広がり青い空は雲間でした

01-112  .jpg

01-114  .jpg

航空写真(ホテルHPから拝借)

01-115  .jpg

ホテルの玄関前

ホテル玄関、中庭、部屋からの写真は3日目の朝9時頃です

01-116  .jpg

シーサーが出迎え

観光バスが着くと係員が体温測定と消毒、宮古島東急ホテルは初めて宿泊です

01-119  .jpg

ホテルの中庭

01-152  .jpg

レストラン

01-155  .jpg

シーサー(顔が?)

01-158  .jpg

プールサイド

01-161  .jpg

<部屋からの眺め>

期待していた青空、晴れと曇りでは景色が極端に違います

芭蕉布の歌詞「海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の ~ ~」の通りです

01-134  .jpg

部屋からの眺め

01-131  .jpg

01-142  .jpg

01-144  .jpg

來間島

01-147  .jpg

ホテルの部屋(ホテルHPから拝借)

A01-137  .jpg

部屋から見た夕景

01-171  .jpg

01-174  .jpg

海に沈む夕日

01-177  .jpg

エレベーターホール

エレベーター前には消毒スプレーを配置、利用するたびに手指を消毒をする

01-180  .jpg

ディナーバイキング(ホテルHP)

1日目の夕食、2日間の朝食会場、入る前に体温測定と手指消毒を実施

料理の取り分けは、薄いビニールの手袋を使用する

01-182  .jpg

<レストラン>

洋食レストラン(2日目)

安里屋ユンタ、島唄など馴染みの歌を三線で弾き語り

ホテルでは、エイサーなどのショーをしているがコロナで休みです

01-184  .jpg

和食レストラン(2日目)

沖縄民謡の歌い手さんは1日目と違うようですが、マスクをしていると分からない

テーブルの間隔はソーシャルディスタンスが守られている

01-187  .jpg

シーサーも感染予防

01-192  .jpg

疲れて早寝

1日目は午後8時、2日目は午後8時半に暖かい湯で疲れを癒し早々と就眠、坐骨神経痛を我慢して歩いたためか、それとも高齢のためなのか、今回の旅行は特に疲れが激しい

次回は、宮古島旅行記(4)<東急ホテル2>を紹介します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(64)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

宮古島旅行記(2)<1日目の観光> [沖縄旅行]

宮古島旅行記(2)

<空港~観光~ホテル>

今回の旅行は、新型コロナ第3波が上昇し始めたとき、ツアー会社は感染防止に注力し

催行人数は19人(キャンセルで16人)、バスの座席は1人2席使用でも余りが有る

大半は60歳代後半で若者の参加はなく、またホテルなどの感染対策も申し分がない

GOTOトラベルを批判する人は多いが、東京の商業施設を徘徊するより安心安全でした

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:11月22日>

<砂山ビーチ>

宮古島空港に午後3時半に到着し、午後4時過ぎに旅行1日目の観光に出発

観光地は、砂山ビーチの散策と來間島大橋の展望、そして宮古島東急ホテルへ

日没が遅い南の島は夕刻でも観光できる、前方はガジュマルの大木です

12-110  .jpg

ビーチへ

砂山ビーチの砂は土質ではなくサンゴの小さな粒、現地ガイドの説明では

波で海岸に打ち寄せられたサンゴの粒が、風に吹き上げられ砂山になると言う

12-117  .jpg

楽しむ人たち

ガイドさんに勧められ女性たちは裸足です(ツアー仲間は右奥の5人)

12-121  .jpg

ビーチの二人

サンゴの浜は砂浜のように熱くならず、真夏でも裸足で歩けるという(2人は外国人)

家族が海辺で遊んでいるが、宮古島では11月上旬まで海水浴ができる

12-132  .jpg

ビーチの洞門

崩落があり洞門の下は立入禁止、サンゴ礁の島のため弱いようだ

12-141  .jpg

洞門から水平線

12-144  .jpg

借り物写真

海の青さに、空の青・・晴れるとこのような写真が撮れたが残念

Z normal[1] (538x403).jpg

12-151  .jpg

坂山を登る

ガイドさんの説明では「行きはよいよい・帰りは怖い」

私は坐骨神経痛が激しいが何とか付いて歩いた、鳥取砂丘より高低差は少ない

12-155  .jpg

観光バス

私と家内は靴を履いたまま歩いたが、土の砂より足の裏への付着は少ないようだ

12-164  .jpg

<来間島にて>

来間島大橋

宮古本島と来間島を結ぶ1,690mの橋、エメラルドブルーの海は絶景と言うが

午後5時半を過ぎ、太陽の光は西に傾き海の色は冴えない、展望台から撮影

13-113  .jpg

展望台からホテル

宮古島東急ホテルをズームアップ、ホテル前の海岸は前浜ビーチです

13-127  .jpg

バスから来島大橋

ツアー参加者の中で唯一80歳代、添乗員さんが私の体調を配慮し

座席は3日間共一番前(1列目は不使用、2列目添乗員)、お陰で車窓撮影に恵まれた

13-167  .jpg

<東急ホテルへ>

サトウキビ畑

宮古島の代表的な産業は、サトウキビと葉タバコ(次の写真)

パイナップルを宅送する予定でいたが、土質がアルカリ性のため生産できない

13-171  .jpg

葉タバコ畑

13-174  .jpg

宮古島東急ホテル⇨?

13-177  .jpg

<旅行2日目の朝>

ホテルの部屋から

南の島は夜明けが遅い、朝7時50分は太陽の光が届かずエメラルド色には少し不足

21-111  .jpg

ビーチ側からコーラルウイング


21-131  .jpg

与那覇前浜ビーチ

2日目の観光に出発する前に前浜ビーチへ(散歩は翌朝)、前方は來間島大橋です

21-136  .jpg

東京都の責任

東京に緊急事態宣言が発令された、政府(分科会)が12月初めに飲食店の営業時間を午後8時までと、東京都(小池知事)に要請したが無視、その結果、感染拡大に悪影響を与えた責任は極めて大きい、また陽性率の発表、重症患者の判断基準も、厚労省の要求に応じず、築地市場では140人以上も感染者を出しているが、東京都はクラスターと認めていない

次回は、宮古島旅行記(3)<宮古島東急ホテル>を紹介します

------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(60)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

宮古島旅行記(1)<南の島へ> [沖縄旅行]

宮古島旅行記(1)

<南の島へ>

昨年は、京都の桜、姉妹旅行を計画していたが、コロナウイルスの感染拡大で中止

年を重ねると行ける時に行くのが鉄則、先に延ばすほど実行が難しくなる

そのような中、海に浮かぶサンゴ礁の島「宮古島」の、募集パンフレットを見て

コロナ感染の心配はないと判断し、GOTOトラベル利用のツアー旅行に参加した

------------------------------------------------------------------------------------------------------

<旅行日:11月22日~24日>

<羽田~那覇~宮古島>

羽田空港第1ターミナル

羽田空港まで高速バスを利用したが、集合時間より2時間も早く到着

昨年は中央道の事故渋滞で大幅に遅れ、搭乗開始寸前に到着した苦い経験がある

ハラハラするより余裕が有る方が良い、レストランでゆっくり朝食タイムです

11-111  .jpg

JAL909便

11-114  .jpg

出発ロビーのラウンジ

ゴールドカードで利用できるラウンジが有ったが、様子が変わったようだ

11-117  .jpg

座席の画面

坐骨神経痛で苦痛のため、エコノミー席からクラスJに変更

機内の空気は10分ごとに入れ替えをし、全員が前向きに座り大声を出す者はいない

11-122  .jpg

那覇空港搭乗口

沖縄本島から宮古島へ帰る修学旅行らしい小学生の団体と一緒

11-125  .jpg

首里城「希望」

首里城の火災から1年、機体中央に大きく「希望」、早い復興が待たれる

11-128  .jpg

日本トランスオーシャン航空

主翼の動物絵は・・イリオモテヤマネコでしょうか?

11-131  .jpg

宮古島空港に着陸

11-139  .jpg

出口で体温確認

最終日、空港のレストランで常識のない若者7人が、ビールを飲み大声、大笑い、これではコロナは永久に収束しない、今回の緊急事態宣言の発出要因を目の当たりにし腹立たしい

コロナ感染対策が十分に行われる中、旅行中唯一の例外でした

11-145  .jpg

シーサー(狛犬)が出迎え

11-147  .jpg

空港の花(ビックリチバタ)

初めて見た花、現地のガイドさんに名を教えてもらったが美しい花でした

11-154  .jpg

11-161  .jpg

空港の木(マニラヤシ)

11-167  .jpg

空港を出発

観光バスに乗車し1日目の観光に出発(記事は次回)、ツアー仲間は僅か16人です

11-141  .jpg

<宮古島の景色>

撮った写真の中からを良いところどりの羅列です(借り物写真2点含む)

宮古島東急ホテルの部屋(4階)から、朝9時過ぎに撮影

11-199  .jpg

浜口の浜

26-131  .jpg

砂山ビーチ

picture_pc_4ae(538x405).jpg

伊良部大橋

23-111  .jpg

来島大橋

13-113  .jpg

イムギャーマリーンガーデン

34-111  .jpg

東平安名崎

X Higashi-H] (538x404).jpg

沖縄の花「ハイビスカス」

41-111  .jpg

次回は、宮古島旅行記(2)<空港からホテルへ>を紹介します

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(64)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

新年のあいさつ [ごあいさつ]

あけまして

おめでとうございます

令和3年元旦

YAMAAI-12  (416x450)[1].jpg

皆様には、新しい年を穏やかに迎えられたと存じます

コロナの大波を七福神と共に乗り越え、一日も早く普通の生活に戻れる事を願っています

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

<お陰さまで12年>

旅と散歩をテーマに「人生・・これから・これから!」と、始めた私のブログも早いもので12年目を迎えた、振り返ると1937年の1月5日生まれで、今年は「7度目の年男」、体力の衰えは隠せないが、「人生・まだまだ・先がある!」を、元気で過ごす合言葉にし、コロナウイルスに負けず、丑年らしく急がずゆっくり楽しみたいと思っています。

地元の自治会、老人クラブなど全ての役職は辞しますが、何もせず過ごすのはボケの一因、老人クラブの行事には積極的に参加し、また相談役として手伝いを続ける予定です

日残りて昏るるにいまだ遠し

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

<宮古島旅行>

海の青さに 空の青 南の風に 緑葉の 芭蕉は情けに 手を招く

夏の国 我した島 沖縄(うちなー)♪ ♫  私が好きな歌「芭蕉布」の歌詞です

写真は、宮古島東急ホテルのHPと・ネットの写真素材から拝借しました

A01-124  .jpg

まさに・・海も、空も、青です

X 9B8WG2M9 (538x403).jpg

伊良部大橋

23-101  .jpg

東平安名崎

X kiji1Img[1] (538x404).jpg

わが家では、毎年元日に続けていた家族の集まりを中止

正月三が日の初詣を避け、1月中頃に地元の神社へお参りに行く予定です

明けない夜はない・・今年も宜しくお願い致します

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------

nice!(65)  コメント(30) 
共通テーマ:旅行